7年前の京福電車(嵐電)太秦、蚕ノ社

今日も暑かったですね~。
寝倒してKBSの山鉾巡行を見た以外は日中さらに寝倒しw
寝だめは出来ないんですけどねー。寝すぎたからなでしこジャパンの決勝は楽に見れそうな。
明日からは天候も下り坂との話ですから本当は今日も動きたかったんですけどね。

で、HDDからまた引っ張り出してみましょう。
先日のと同じく2004年の夏の写真。
幕の調子の悪かった26号車が行き先板を付けた姿。その後も何度か見られたものですが自分は余り撮影できていません。
e0070773_20572874.jpg

この時は早々に引っ込んでしまったようです。

既にパン側順光ではこのときも撮れず^^;)
e0070773_20585858.jpg

嵐電の全面広告車はどれも長命ですがこれは現在新規に出来なくなっているためではないかと思われます。
景観条例か何かで規制されたはずですから。現在あるものは施行前から続いているものとして例外的に認められているのでしょうね。
そんな中、比較的短命に終わったキリン生茶の広告車。気が付いたらいなくなってましたからいつ頃までいたのやら、ですが。現在のパト電ですねえ。あれに比べたら風景にも溶け込みやすい感じではあると思うのですが。
e0070773_214546.jpg

この時も増結があるので撮影に行った訳ですが、春秋の行楽シーズンは阪急のネタと被ったりで最近余り行けてませんからこう言う機会もありがたいです。阪急でも増発しますが撮るならこっちの方が愉しいですし。
e0070773_219176.jpg

再開発中の右京区役所などが建ったあたり。このあたりは路面区間特有の鉄製架線柱の立ち並んでいた区間でしたがかなり数を減らしてしまいました。
もっと昔には映画の撮影所なんかもあったんでしたっけ。
>訂正:ここに撮影所が置かれたことはなかったみたいです。東映、大映、松竹以外の中小スタジオが数え切れないほど集積していた、と言うイメージが自分にはあったのですが数もそんなになかったみたい。撮影所として機能した期間の短いものも多く東洋のハリウッドと呼ばれた時代は短いものだったようですね。往時を偲べるものもそんなには残っていないんでしょうか。一度ゆっくり回ってみないと・・・。

e0070773_2114379.jpg

モボ502、塗り換わったのいつ頃でしたっけねえ。503や504が落ちた頃だったと思うのですが・・・。
e0070773_21143654.jpg

e0070773_2117275.jpg

夏場のこの時期、こんな感じで撮れるんですよ。ありきたりですが好きな光景だったりします。

e0070773_22453253.jpg

e0070773_22385424.jpg

ここでバルブなんかも一度してみたいなと思っておったりしたんです。
機材
Canon EOS10D+EF70-200mm
[PR]
by umashikatei | 2011-07-17 21:45 | 嵐電
<< 宵山輸送の嵐電を見に行く 7/16西向日 >>