Photoshop Elementsの補正機能を試す

順序が逆なんだろうとは思うけど今まで使ったことがなかったんですわ。
シフトレンズと同様の作用をパソコン上で実現できる機能。
エレメンツですから限定的なものですが自分には必要十分と感じました。ちなみにバージョンは現行の二つ前の8になります。そろそろアップデートしてもいいんだろうけどねえ。現状、PENTAX K-5のPEF(RAW)には非対応で純正ソフトでDNGに変換してやってそこからPSEで作業しています。
レンズ補正と呼ばれるこの機能、他のレタッチソフトでも同様のものはあると思いますが大変手軽に出来るようになっています。
e0070773_2163624.jpg

カラーネガからの取り込み。取り込み自体は随分前にしていたもので小さい画像はアルバムに上げたこともある画像。95年8月の阪急2800系のさよなら運転のうち、参加できた際に正雀工場で行われた撮影会でのひとコマ。
件の機能を使った以外にもいろいろと悪あがきをして修正を加えておりますw
で、普通に取り込んだだけでいろいろと悪あがきした「だけ」の画像。
e0070773_2202663.jpg

こう言うのをなんとかしたいなーなんて考えてシフトレンズなんかも触ってみたんですが、これでも十分な気がしたりしなかったり。
まあ使ったときにはその旨記述しようとは思います。
元がネガだし小さめの画像でお目汚し、ですがキャノスキャン2710での取り込みで現在はUSB接続のニコンED5000に代替わりしてます。
とは言えWIN7非対応なのでほったらかしです。OSがXPのノートにつないで使うか、サードパーティーのソフトで対応させるか、いずれにしても止まったままになっているフィルム取り込みをまた再開させたいなあとは考えてます。
e0070773_23433.jpg

取り込み直したいなあこの辺も。もうちょっとましに出来るとは思うんですよね。
廃止された北陸鉄道の加賀一ノ宮-鶴来間で撮影した鉄道の日のイベントで走った珍編成。
結局この時以来訪問出来なかったんじゃなかったかと思います。
[PR]
by umashikatei | 2011-10-26 02:37 | 阪急電車
<< 甦る ペンタックスカメラ博物館展 曇天に京とれいん京都方HMを >>