「ほっ」と。キャンペーン

宮本製作所(RAYQUAL)のアダプタ

例によってK100Dのお話。
M42レンズには(って現状それしかないけど)マウントアダプタKと言うペンタックス製のリーズナブルなアダプタを使用していました。
これ、SマウントからKマウントに代わったときからずっと安価に供給されているものでMA切り替えレバーの付いたものには有用なんですけど古いものや最近のコシナ製M42レンズには付いていない。うちでも何本か該当します。そう言うものでは絞り開放になってしまいます。瞬間絞込みスイッチが付いているものはそれを押せばいいんですけどね。
また遊びが結構あって、ものによってはガタツキが操作性に若干影響するなんてこともあります。

MA切り替えレバーはマウント部のピンに連動していてこれを操作しなくてもピンを押しっぱなしにすれば実絞り専用としてレンズを使うことが出来ます。レバーに触れてしまっていつの間にかA位置に来ちゃってると言うことも防げる。
ただし瞬間絞込みなんかは本来使えるレンズでも使えなくなってしまいます。
EFマウントに使うときでもピン押しするタイプを使っていてそれに慣れちゃったと言うのもありますがまあ自分の使い方では不都合ないですし、今回近代やハンザのOEM元として有名な宮本製作所さんが出してくれたと言うことでアダプタKに比べると値段はしますが購入してみました。アダプタの値段としては妥当だと思いますけど、ペンタが安く出しててそれも値段が上がらないままなんで高く感じますが、そう言う意味ではペンタックスも古くからのユーザーを大切にしてくれてますよね。

e0070773_1945777.jpg


まだ実写してませんが使用感はなかなか良い感じ。
かちっとしてますし今までガタついていたレンズでも大丈夫(^^)b

遊びがない分取り外すのに工具が要ると言うのがちょっとアレですが、まあ付けっぱなしなら問題ないです。
アダプタKでも外しにくいのは同じですし。

宮本製M42-PKとマウントアダプタK。内周にピンを受ける部分があるのがわかると思います。
e0070773_19452984.jpg

左の工具の突起にアダプタの穴を合わせて本体から外します。要らんのちゃうんと思っていたけどやっぱり要りました(^^;
(10月4日追記)慣れました(笑)
ビス止めのバネの部分を爪でちょいとずらせてやれば簡単にくるっと回ってくれます。
ふみゅ、快適快適~。
Kマウントのレンズと混在しだしたのでめんどいなあと思っていましたがそうでもなさそうです。
K100DをKマウント用、K10DをSマウント用とか使い分けるかとかも気にせずいけそう(´▽`)
e0070773_19473362.jpg

今回の写真:OLYMPUS C-5050・プログラムオート・内蔵ストロボ使用(露出マイナス補正)
[PR]
by umashikatei | 2006-08-30 19:55 | カメラアクセサリー
<< しょっか~ 浜大津辺りをぶらぶら >>