旧標準色復活の福鉄200形を見に行ってきました。

その昔家族旅行した時に何カットか福井鉄道を撮りまして。スキャンするのもためらわれるような写真しか残ってないんですが福井鉄道といえばこの色だよなあと今でも思うんですわ。

当時の車輌もほとんど消え去りましたが自社発注新造車の200形は福鉄でも思い入れがあるんでしょう。揃って健在なのがうれしいところです。
新標準色は帯になったとは言え色そのものは同じ色で往時を偲べたもんでしたが最近は全面広告車になる事がほとんどでそれすら見る事が出来なかったんですわ。

なんとかもう一度見てみたいなあと思っていたんですがさよなら運転でもあるなら実現してもらえればなあなんて程度の考えでした。
それが突然復活ですからね、驚いたやら嬉しいやら。前面のマークは無理だろうなんて思っていたらそれをイメージしたものまで付けてくれて、もうこれでもかってな感じですよ。
いやー長生きはするもんです(´▽`)

緑と青の現在の標準色、その前の帯の姿もあわせて拝めるとはサービス満点もええとこです。
お陰で福井に行ってもえちぜん鉄道まで足が伸びないのには困ったことですがともかくもうちょっと通ってみたいですね。

もと岐阜の路面電車が主役になってからは月曜から土曜の朝夕の急行を中心とした運用に限られた様なので昼間は運が良くないと出会えないんでその辺がちょっと残念なんですがそのうちイベントなんかで日中走る姿も見る事が出来るんじゃないかと期待してます。

で、5/29に日帰りで見てきましたが関西からだと緩行線の始発に乗れてようやく朝の急行運用の返しの回送が見れるだけなんですよね。前泊がやはり良いようです。

e0070773_119539.jpg

まずはこいつ。家久の田んぼ前で待っていたんですけど顔がまだ日が回ってません。
ここから上鯖江側の鉄橋まで歩けば福井方の非パン側は順光で撮れるんですけどやっぱりパン側が見たくて(^^;
e0070773_12262.jpg
もうキタ~ってな感じです。いやー、ええですわ~。200形だけ入っていた細い帯も再現されています。これがまたかっちょいいっ
e0070773_123633.jpg

これもええわ~。こいつですら見たの久しぶりですわ。

全線南北に伸びている福井鉄道なんですけど若干振れていて南側も朝のうちは日が回りきらないんですね。どことも10時を過ぎたくらいでようやく回るといった感じで(^^;

で、東西方向の上鯖江の鉄橋だと夕方の急行に化ける下り普通は側面がもうダメ。なかなかうまく行きません。
e0070773_1304339.jpg
いや、他に移動すれば良かったんだけど。
三十八社とか市内の路面区間とかは今回は行きませんでしたのでまた次回以降の課題ですね。
いや、楽しみです(^^
雲が湧いてどうしようもなかったんですけど日没近くまで待ったらなんとかこう言うのも撮れました。
e0070773_1313473.jpg
e0070773_1314880.jpg

もう一本あとが203だったんだけど時間切れ。

運用はわからんですがどのスジに203が来るか、はたまた来ないか、待つ楽しみもありますね。

ちなみにこの日の昼間は202は武生新の洗車線でパン下げ、201は武生新の道路側、二本留置のうちの改札側、203がJR側のホーム横付けの状態でパン上げ待機してました。

撮影機材は例によってK10D。レンズはFAレンズばかり35mm、43mmです。
203の写真だけですがクリックすると倍のサイズに。
[PR]
by umashikatei | 2007-05-31 01:42 | 福井鉄道
<< M42で福井鉄道203。でもボ... 2317準急仕切り直し >>