カテゴリ:撮影機材(M42・Sマウント)( 8 )

またプリセットタクマーで遊んできました(TAKUMAR135mmF3.5)

今日はなんとか起きれました。世間じゃこう言う時間に起きたのをちゃんと起きたとは言わんでしょうけどw

でかい雲が涌いているけどまあ切れてくれるだろうと言うことで出かけてみました。
レンズはプリセットタクマーの135mm、SMCタクマーの120mm。こちらは前にも載せたことありますが。

試すと言っても一応きちんと鉄もして、レンズを試して遊ぶ、と言うスタンスなのですがえてしてどっちつかずと言うことにもなりかねません。まあそこそこの結果が残せればどちらもオッケイと言う緩い自分にはそれでいいんでしょうけど最新の機材で完璧を求める人からしたらバカなことやってるんだろうなあと思わないでもないです。
自動絞りの135mmと比べなかったのは特に意味はありません。たまたま手近に転がっていたのが120mmだったというだけで・・・。

e0070773_19155343.jpg

ボディはK-7、ISO400、絞りは5.6だったか?
e0070773_19172815.jpg

パンタがまたしても微妙orz
久しぶりに等倍切り出しも載っけておきます。
e0070773_19174544.jpg

やっぱISO上げると若干目立ちますかねえ等倍だと。レンズの描写自体は普通に使えるレベルでしょう。

で、プリセットタクマーでございます。丁寧な鍍金が印象的な細身の鏡筒。
e0070773_19161179.jpg

e0070773_1919489.jpg

9301編成。検査から明けて久しぶりの撮影です。
e0070773_19205748.jpg

ピントの来てないところはどうですかねえ。やっぱり時代なりの写りだと思います。縮小して載せる分にはそれ程のものでもないですが等倍で載せるのはちょっと、と言った感じ(^^;

三日休んでこんだけ、と言うのも今の自分らしいと言えますが正直どっかお出掛けしたかったですねえ。
次の機会っていつあるやら、ですし。
[PR]
by umashikatei | 2010-02-07 19:32 | 撮影機材(M42・Sマウント)

カビありズームタクマーとプリセットタクマーを試す(SMC ZOOM TAKUMAR85-210mmF4.5・TAKUMAR105mmF2.8)

会社帰りにジャンクワゴンから1000円で拾ってきたタクマーのズームレンズ。この時代のズームなんか使い物にはならんだろうと今まで手を出さなかったのですが一番表のレンズの裏側にぽつぽつと小さなカビが出ていたくらいで打ち捨てられていたのでつい持って帰ってしまいました。これなら飾り銘板外すくらいで掃除できるかなあ、と。まだ手を着けていませんがとりあえず持ち出してみました。
e0070773_23335455.jpg

カビは写真でも判別できないくらいの軽度のもの。このままでもいいかなあ。
こいつ、SMCですが開放測光には対応していないと言う中途半端な仕様です。インナーズームですが直進式、フィルター径が58mmで最短も3.5mといかにも昔のズームと言う感じ。それを補うクローズアップレンズが標準で付属していたのですが残念ながら本体のみ。まあこの値段ですし。
もう一本はオークションで手に入れたモノコートのタクマー。写真をちゃんと見ていなかったのでフィルター枠に当りが;_;)まあちゃんとフィルターはねじ込める程度なので使うには問題がありません。プリセット絞りですから実絞りで使うには便利かなあと考え手を出してみました。
e0070773_2329287.jpg


夜勤明けで帰宅して寝てましたので、いい天気やったはずですが出かけたのは夕方に近所で例によってまたですかな被写体。影が伸びるの早いし山は近いしで4時半には日がなくなってしまいました。まあ下手すりゃ引きこもりでしたしねえ。写真としての出来はそう言うことですので・・・。はい、言い訳終わり~。

まずは最大望遠。撮影順ではありません。天地がアレですがノートリミングで;_;)
e0070773_23495131.jpg

150mm。
e0070773_23481559.jpg

135mm辺り。
e0070773_2338258.jpg

85mm。えーと、顔に影が思いっきり被ってましたんでこれでご勘弁を・・・。
e0070773_23523043.jpg


実はこのレンズ、最初ドン曇りの日没近い時刻に持ち出したのですがEOS5Dのファインダーではよーピント合わせ出来ませんでしたわw。明るいレンズでも合わせ難いですからねえ自分の目じゃ。まして高ISOでもシャッタースピードぎりぎりな状況では。
それよりは遥かにMFしやすいK-7で今日の天気でしたら全く無問題でした。

最後にプリセットタクマー105mm。
前期型とされる鍍金がアクセントのモデルです。135mmも同様ですが、AUTO TAKUMARの登場後に再度ラインナップされた後期型があり、そちらは黒一色ということで外観から容易に見分けられます。しかし前期型には中間絞りのクリックの有無やフィート表示、メートル表示のみのものがあったりでバリエーションがあるようです。

どれも思った以上に写ってくれているようでまあほっとしたと言うかなんと言うか。
プリセットのレンズと言うのは要するに自動絞りがない時代、今のマウントアダプターで使うのと同じような使い方をしていたわけです。絞り込む場合実際にレンズが暗くなりますからピント合わせは絞りを開けた状態でやってから絞りリングを操作します。慣れないとその都度ファインダーから目を離して絞りリングを目視して操作する必要があります。それを補助するためピント合わせの前に絞りたい絞りの値をセットしておくダミーのリングがあって、ピントを合わせたのちクリックのない絞りリングを回すとセット位置で止まるようになってるんですね。
いちいち目で確認する必要がなく素早い絞り操作が可能となる仕掛け、と言うわけです。今では当たり前の技術も確立されるまでは無いなりに工夫をしていたんですね。
e0070773_23531922.jpg

共通のデータはボディK-7、ISO400・絞り5.6から8と言った感じです。

普段持ち出すレンズにはならないでしょうが、これだけ撮れれば自分には十分ですから機会を作って持ち出してやろうと思います。
ズームの方は近所が精々になると思いますが(^^;
e0070773_03293.jpg

そう言えば・・・。
紀州鉄道のキハ603、先週も動いた様で。さーて本当はいつまでなんでしょうなあ。
行ってもう動いてませんもがっくりだしまだまだ撮りたい構図やアングルなどもたくさんあるし・・・。
こうならんうちに行っておけってことですが。
[PR]
by umashikatei | 2009-10-13 00:07 | 撮影機材(M42・Sマウント)

久々にTAKUMAR以外のM42レンズを

いや、TAKUMARもしばらく使ってないですが。
会社帰りにお安く出ていたレンズに目が留まったもので保護してきました。
e0070773_1936407.jpg

FUJINON T 135mmF3.5
独自の開放測光に対応したEBC FUJINONになる前の自動絞り対応レンズです。アサペンで言えばSUPER TAKUMARの世代ですね。ただ、マニュアル、オート切り替えレバーがありません。ですのでペンタのデジではピンを押しっぱなしにする事の出来る宮本のアダプタで実絞り使用と言う形になります。
マニュアルモード、開放でピントを合わせこの辺だろうと言う絞り値にしてから、もしくはグリーンボタンで絞り込み測光後デジタルプレビューで適正露出かどうか判断して撮影、と。まあ面倒っちゃ面倒です。グリーンボタン、やっぱり露出がばらつく様で確認は必要のようで。

晴れ予報でしたが例によって春霞と言うかはっきりしない空模様です。曇りベースで時々晴れ間も出るかな?てな程度。
おまけに出掛けるのがいつもの時間になりました。まあレンズ一本持ってちゃちゃっと撮るには丁度いいんですが。
e0070773_19115727.jpg

今回からスクリーンをAF分割マットLL-80にしてみました。
K10Dを買った時に手に入れていてそのまま放置していたのですがようやく入れ替え。
いや、どこにやったか判らなくなっていたのが発掘されまして・・・。
どうにも水平を出すのが苦手なのでとっとと換えておけば良かったのですが。5Dにも同様のものを入れていますが自分にはやはりこの方が良いようです。
K10Dにも入れてやりますか。横取りされた形では不憫ですから。
e0070773_19385581.jpg

さて、ボケは余り自分の好みではないようですがピントの来た部分はきっちりと描写してくれます。
e0070773_19392140.jpg

等倍で見るなんて想定していなかったでしょうしプリントではごく自然なボケ方を見せてくれていたものだと思います。
135mm,F3.5と言うレンズは推奨セットのような扱いで、もう一段明るいレンズもラインナップして3.5は廉価版という位置づけでしたが、それだけに一番数も出る望遠レンズでしたから各社とも力を入れていたのでしょうね。
[PR]
by umashikatei | 2009-03-12 19:45 | 撮影機材(M42・Sマウント)

SMCタクマー85mm

てなことで昨日の通勤鉄はS-M-C TAKUMAR85mm/F1.8持って出たんですけどボディはK10D。
いつもの水無瀬被り付きポイントです。

改正間もない事もあって平日と言うのに同業者の姿が。
試運転の追っかけはほんとよく見かけるんですけどね。

絞り込めばきちんとピントが来てくれるってのは人によっては当然なんでしょうけど自分の技術やと確実といえるかどうか自信がないんですわ。
数をこなそうとするとつい適当になってしまってあげく機材のせいにする。
ちょっと反省です。
e0070773_1281093.jpg

ISO400・1/1250 F8

で、そう言う意味ではこのレンズは歩留まりが良い、自分にとっては良いレンズなんだと思うんですよ。
e0070773_1143857.jpg

まあこのくらい来てれば自分的にはオッケイなわけで。

銀塩でもAPS-Cでも鉄には使いやすい焦点域ですし30年前のレンズってバカに出来ないです。あと55mmも。
DA☆55mm/F1.4は多分買っちゃうんじゃないかなあ。うちにゴロゴロしてる55mmと撮り比べもしてみたいし(^^
しかしタクマーが第一線の頃は55mmってのは各社ラインナップしていたんですけどすっかり50mmに取って代わられました。
換算85mmに近いとは言えこの焦点距離で新製品を出すペンタってやっぱり面白いメーカーだわなあ。そういやキットレンズのズームも18-55だったりするし、こだわりがあるんでしょうか。

そうそう、☆ズームはちょっと様子見って事で(^^;
単焦点使わなくなりそうなのがやっぱり怖いんですよね。買うならどれも欲しくなるんだろうけどやっぱりそうなると高いし・・・。
[PR]
by umashikatei | 2007-03-23 01:13 | 撮影機材(M42・Sマウント)

素人修理、の真似事(をい

ええ、1月も半ばを過ぎてしまいましたが今年初更新です。
本年もよろしく~
って遅すぎるにも程があるか・・・

随分前にヤフオクで落とした小カビ付きスーパータクマー50mm/F1.4のカビ取りをしてみた。直径1センチに満たない、しかも極薄いカビで写りにも影響しないので放ってあったもの。
あんまり簡単過ぎたんで写真とかなし。
写真撮るためにもう一度外すくらい簡単に出来るレベルですが(^^;

カビていたのは後群の一番前の玉、しかも表面だったので作業と言うほどの事でもない。何しろ大概のレンズでは必要なカニ目レンチとか不要の手で廻すだけで外せる構造になってますから工具も何もなし。これなら素人の自分にも触れるw

外してみると巷間言われるように後玉のヤケが酷い。ああ、なるほどと思う。いや、カビは関係ないのだけど例のトリウムレンズと言う奴だ。
前群だけ見るとほとんど焼けていない感じで、正面から眺めると黄色いのに同じ前からでも斜めの位置からレンズを眺めると黄色くないのが納得できた。

とりあえず手で外れるとこだけの清掃だけでお仕舞。他はほんとにいじる必要ないんで。透かして見るとなかなか綺麗でほったらかしですまんかったねえという気分にさせられる。

で、せっかくだからそのうちこれで何か撮って来ようかと思ってます。

このまま調子に乗って素人修理に足を踏み入れるってのも面白そうだけどドの付く素人だからなあ。
ジャンクを自分でいじって壊すくらいは誰の迷惑にもならないわけだしちょっとやってみてもいいかな、と言う気にはなってきてます。カニ目レンチとレンズ回しくらいなら大した出費でもないし。
本体の調整は無謀だろうけどカビ取りくらいなら、とか・・・。
[PR]
by umashikatei | 2007-01-22 03:30 | 撮影機材(M42・Sマウント)

K10D簡易テスト

届いたはいいけどほとんど触れてないよK10D。
夜景撮りに行くにも寒くて表に出る気力が;_;)

明日起きれたら出勤前にいろいろ試し撮り、と行きたいとこだけど・・・。

e0070773_16668.jpg
e0070773_1344690.jpg

上はK10DをK100Dで撮影、下はK100DをK10Dで撮影です。(ややこしい(^^;)

どっちがどう、と言うのはとりあえず置いておきますが出来るだけ同じ条件で撮ってみたんですけど二つ並べると随分色合いが違います。立ち位置の違いで光の反射なんかが違ってるのできちんとした比較ではないですが座布団の色なんかはその違いが出てるんじゃないかと。
SMCタクマー85mm/F1.8 ISO800 1/13・F4
あ、100は画像仕上げ「鮮やか」になってますわ(^^;
まあ話半分に聞いといてくだされ。10はデフォルトの「ナチュラル」です。

こう言う比較を追々表でやってみたいと思っとりますです。

思ったよりO-ME53でかいっ(^^;
ちゃんと目当てが付いてるのはいいんだけど。

早くしないと紅葉が終わっちゃうって言うか阪急もみじの看板外すの早っw
じきクリスマスのが付くんでしょうね。
[PR]
by umashikatei | 2006-12-02 01:46 | 撮影機材(M42・Sマウント)

使ってみました

影のことがあってトリミングしちゃいましたがまあピントは来てるし大丈夫かな?
黄変もAWBで補正されてるようだし。

行った時間が時間だったのであっという間に山に日が落ちてテスト終了。
e0070773_035065.jpg

スーパータクマー50mm/f1.4
ISO200 1/1250/f4
他のレンズも試してみたんですがこっちはちょっと前ピンだったみたいで別の機会に。

もうちょっとテストしてみます。

060221追記
画像サイズを2/21のものと同程度にしてみました。
[PR]
by umashikatei | 2006-02-12 17:36 | 撮影機材(M42・Sマウント)

色々と遊ぶ前にやることがあるような気も・・・

まあそれはさておきですね。
ここのとこニコンのフィルムカメラ大幅縮小とかコニカミノルタの感剤関連撤退と写真機事業の提携先への売却など賑やかなことになっておりまして。
趣味の写真の100%をデジタルに移行している身としてもやはり寂しいものがあるわけですが影響されやすい性質でもある私としましてはMFカメラ関係のものをゴソゴソと引っ張り出してみたり新たに手を出そうとしてみたり見事に踊っていたりするわけです。
とりあえず新品でなんぼでも手に入った頃にやっておくべきでした。まあ見事に探し物の新品は店頭からもWEBからも姿を消していたりプレミアが付いていたり。
大体まとめて新品で買えるほどの持ち合わせもなかったりするんですが。

梅田とかぶらついて目に付いたものを中古で無理のない範囲で買い揃えていく、と言う形で落ち着きそうです。

で、今回入手したものはこれ。
e0070773_6424398.jpg

一部で話題のトリウムレンズ。
ペンタックスのM42マウント、スーパータクマー50mm/f1.4、別名放射能レンズとか言われているものです。ガラスにトリウム混ぜたんですね。
レンズの描写を良くしようとこう言うことをしていた時期もあったんですわ。
光の屈折率を有利に出来るとか出来ないとか。
すいません、良くわかりません(^^;
埋もれて発掘できていないのですが55mm/f1.8を親がずっと使っていまして、これもトリウムが添加されているものが多いと言われています。

-追記-55/2でしたわw
こいつは添加されていないらしくヤケもなく綺麗なものでした。
外観は私が大分適当に扱っていたお陰でハゲちょろもいいとこですが。
-追記終わり-

まあ多分この50mmは間違いないでしょう。
確証を得るには手間掛かるんですが簡単にならブラックライトを当てれば判るとか。
多分これで癌になるとかそこまで大げさな線量ではない、はずです。
見分ける方法としてレンズが黄変しているのがそうだといわれていますが単に紫外線で焼けてるものもあったりハナからそう言う色だったりするレンズもあるからなあ。

隣はキヤノンの同スペックのAFレンズ。でかさがこれだけ違います。
ただし、重さではタクマーの勝ちなんですが。さすが金属鏡筒。

デジにアダプタかまして遊んでみようかなと思ってます。
このマウントのカメラはレンズと一緒に今捜索中。
出てきたらそっちでも撮ってみたいですね。
[PR]
by umashikatei | 2006-02-10 06:59 | 撮影機材(M42・Sマウント)