カテゴリ:雑文( 38 )

こっそりひっそり

ぼちぼち復活してもええかな、とか。
ほったらかしてた理由はともかくまた書こうか、となった理由は主にあれだったりするのですが。
とはいえ以前に増して気まぐれ更新となるのではないかと思います。
そもそももはや誰も見ていないでしょうから。
[PR]
by umashikatei | 2016-05-04 02:55 | 雑文

また見切り発車を・・・

度重なる改変で楽天もYAHOOもフォトアルバム的なものが使いづらくなっているんですが移動のたびにリンク切れするなどしょっちゅうで、どう扱うのがいいかなあと思いながら放置状態でした。YAHOOの方がブリーフケースと統合だとかでいずれまたリンク切れになるものと思いましたのでとっとと移行してみました。
移行済みデータフォルダとか下の階層に押し込められました(´・ω・`)
まあこれはすんなり移動できるから良いか。楽天のようにいっしょくたにされなかっただけましとは言えます。
YAHOOボックス写真カテゴリー
e0070773_402428.jpg

ただ以前オリジナルサイズを勝手にリサイズされたんだっけなあ。そう言うこと平気なんですよね。アップロードの日付が揃っているのはあっちで上げなおした日付なんだったっけ。
きちんとした大きさで上げなおしたいものもないではないのでいずれ考えます。
[PR]
by umashikatei | 2012-10-08 03:14 | 雑文

あー、ひと月以上更新なしじゃないか・・・

ええと、動いてないわけでもないんですけどその時アップしないとそれっきりという感じですか。色々と行っておきたい時に行けてなかったりでなんだかなあと言う感じ?まあムラっけのある奴ですからこれで普通なんですけど。
近況報告の真似事としてはLマウントやらMマウントやら手を出そうとしてやっぱり高いよ勢いで買うのも限界だよママンってなとこで進路も退路も断たれて玉砕も座して待つのみ?みたいな。手を出さなければまるっきり別の世界の出来事として達観していられたんですが・・・この沼も底なしですけど未だとば口にも立っていない。踏み出すかどうか躊躇します。そりゃそうだ。

撮る方も正直寒さが堪える長野にも足が向かず、さりとてお名残乗車と帯なし鯨くらいは、とは思うので2000系は縁があれば位の勢いのなさでもう一度くらい訪問するかもと言ったテンションの今日この頃です。

近場も最小限で、定期が色々置き換わるJRなんか全然撮ってませんよ。
どうしたいんだろうなあ、おりゃ。ちょっと煮詰まってますかね。職場環境も多少の変動がこの春はありそう。
ええ、もちろん良い方には変わりません。なんでそっちのほうもちょっとね。
まあ前に比べたら全然気楽に仕事出来てますけど。

とりあえず早くあったかくならないかなあ。
[PR]
by umashikatei | 2012-02-29 23:59 | 雑文

甦る ペンタックスカメラ博物館展

日本カメラ博物館、「甦る ペンタックスカメラ博物館展」

名称:甦る ペンタックスカメラ博物館展
会場:日本カメラ博物館
住所:東京都千代田区一番町25番地 JCII 一番町ビル
開催日:2011年11月1日~2012年2月26日
時間:10時~17時
休館:月曜(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)、2011年12月28日~2012年1月4日
入場料:一般300円、中学生以下無料
e0070773_22435564.jpg

これは是非見に行きたいと思います。
年末態勢で忙しくなるまでに行ければいいけど恐らく年明け以降だろうなあ。
東京駅の復元工事、覆いがはずされるのが3月との話ですから併せて、とはなりませんがその代わりに江ノ電辺り、絡められればなあ。日帰りと言う可能性も多そうですがw
e0070773_22432354.jpg


e0070773_22544786.jpg

[PR]
by umashikatei | 2011-10-26 22:55 | 雑文

遅ればせながら、PENTAXの社名復活によせて

e0070773_0111317.jpg

10月1日をもって4年ぶりにPENTAXの名が社名として復活したんですが実際にはその前段として譲渡する部分をペンタックスイメージング株式会社として設立し、リコーに譲渡したわけですからその時点でPENTAXの名は復活していたわけですね。同日設立、譲渡で一瞬だったのかもしれませんが純粋なPENTAX-imaging.co.ltdという名が存在したと言うことの方が自分にはぐっときます。
で、RICOHの子会社としてペンタックスリコーイメージング株式会社の発足となったわけです。晴れてHOYAの手を離れたわけですがペンタックスカメラ博物館を閉鎖し、収蔵品は東京のカメラ博物館に売り渡し、前野町の本社建物も建物の半分が処分され更地に、儲けの見込める分野は置いていかされ(もともとこの医療分野がほしかっただけでしたし、おまけのように収益のよさそうなコンパクト用レンズユニット分野まで・・・)、他の分野も切り売りされ(これはブランド名のペンタックスを社名に冠しています。この時点で実はPENTAXは復活していたことに?)残った部分と一緒になったRICOHのカメラ分野さんもえ、こんだけ?と実際に譲渡された部分を見直して、改めてびっくりしているのではないでしょうか。だからこそ一緒になってこれから盛り返していく意義を感じて、頑張って欲しいものであります。リストラの際にRICOHに移っていた、なんて人もいるのでしょうね。また机を並べる日が来るとは思っていなかったことでしょう。
その他にもペンタックスを離れていった人のその後は気になったりもするのですが、新しい職場でのご活躍を祈るのみです。
e0070773_010025.jpg

ちなみにホームページの統合などはまだこれからで、それぞれのページにリンクがある構造となっています。
おそらくこれから徐々に同じディレクトリに置かれることになっていくのでしょうがホームページのアドレスはどうなるのかなど気になるところです。
pentax-ricoh.cojpなんかは特に設けられていないようです。探し方が悪いのかもしれませんが・・・。

収益構造を改善した理はあるとは思うのですが、やはりどう考えてもつまみ食いして放り出されたと言う結果にしか見えません。合併時のごたごたがなく、もう少し条件の良い合併であったなら今頃どうなっていたのだろうなと考えたりします。
今回のRICOHとの合体劇はなかったでしょうか?ビクターとは?
e0070773_0124448.jpg

ともあれ、今後を期待していきたいと思います。

e0070773_013729.jpg

寄贈品・・・。は売り払っちゃいかんと思うんですが。この分だけでも寄贈扱いに、くらいはしてくれたのかな?
実際にはまとめて幾ら、だろうから有耶無耶ですかね。

アメリカpentaxホームページ
海外では認知されてるんでしょうか今回の譲渡話。会社紹介のところにアサヒフレックスが出ていますが、今後はこう言った歴史を振り返るページといったのを日本のサイトでも充実させてくれると良いかな、と思います。リコーには在りますし、キヤノンやニコンは言うに及ばずなんですから。
[PR]
by umashikatei | 2011-10-03 00:15 | 雑文

やっぱり夏は活動が鈍りますねえ

ようやく厳しい残暑も峠を越え、そろそろどこかに出かけたくなる季節となりました。いやー、今年の夏も長かった・・・。

一応人並みの連休なのですが給料前の連休ほど空しいものはない。今日は寝倒しましたが明日は早起きしてどこかに出かけたいところ。昼から天気も悪くなるらしいしねー。

養老鉄道のウサギさんに9月末までアンコールで正月付けた板をまた付けてくれてるらしいのでそれもなんとか見に行きたいのですがとりあえず給料出てからの予定は23日は京阪でどたばたの予定。買えたらだけど鉄コレをロッカーに放り込んでその足で見に行くと言うのも手ではあるんだけど・・・。
知り合いの上洛予定にあわせて下見をしなけりゃいかんところがあるのでそっちかな?明日も一応そこのつもりなんだけど。
e0070773_0535951.jpg

唐突ではありますが、こういう辺りに最近は手を出していたりします。
これをマウントアダプターでマイクロに付けたり。そう、普通の一眼レフではフランジバック足らんので無理なんですよね。NEXでも良かったんだけどねー。うん、今度の7は良さそうですね。

外付けにせよ内蔵にせよEVFが必須な自分の目だったりするのでそう言う点からQは現時点で対象外なのですよね。絵は思いのほか良いようなのでそこだけが残念。

昭和27年発売開始のレンジファインダー機、4Sb(IVSb)です。レンズはちょっと後の時代のもの。
この頃に比べて今のキヤノンは、とか言うつもりはないのですが、ライカに追いつけ、追い越せと各社切磋琢磨していた頃のカメラにはなにかしら惹かれるものがあります。
自分の使っていたMF機と比べても使い勝手は実に面倒でいろいろな「お作法」が必要です。でもたまにはこういうのも良い。モノクロのフィルムをとりあえず詰めてみました。ちゃんと撮れてるとよいんだけど。
ただこれだけを持って撮影に、と言うことは出来そうにないへたれな自分ですけどね。
e0070773_123894.jpg

Panasonic GH-1+Canon lens 50mm F1.4(L39)
試写がこう言う条件ってどう言う悪意がw
e0070773_1254080.jpg

どうしてこうなった、と思われるかと思いますが端折った部分はまた追々。
[PR]
by umashikatei | 2011-09-19 01:29 | 雑文

台風一過、晴天のイベント日和(大嘘)

土日の予定で大阪駅イベントスペースにて行われるはずだったPENTAX Qのおさわり会、土曜は生憎と台風接近で中止になってしまいましたが日曜はなんとか予定通り行われました。自分はすでにヨドバシなんかでちょこちょこさわらせてもらっていたんですが出来るだけこういう機会は顔を出したいので見に行ってきましたよー。

そもそもこことか大屋根とか、雨に関してはやたら弱い一面を持つ新しい大阪駅なのですが、まあ今日くらいの降りなら大丈夫。ヨドバシへの連絡階段辺りは降ったら濡れちゃう感じなんですが、まあ見てくれのハッタリを取るか実用的な構造を取るか、ですわねえ。京都駅も大階段辺り、派手に降り込むような構造ですが、ハッタリかますことの方がJR西には大事と取ってよいのでしょうか???まあ濡れずに移動できるルートはあるので雨の日はそこを通れば良いんで自分的にはどっちでも、なんですが。
e0070773_2283683.jpg

例によって余裕を持って出掛けるということにはならず、結構押しています。いや、ほかの用事もあったもんで。
それでも一通り見て回って企画の人とお話も(≠無理やり自分の妄想をぶつけるとも)出来ましたし自分には良い催しでした。

そこでいろいろと聞いた話とか太っ腹にもSDカード持込で画像お持ち帰りOKだったりしたのでその画像とかご覧いただこうかと思います。
e0070773_229065.jpg

注目の的だったKQアダプターですが、完全に試作段階でまだ出すかどうかもはっきりとしないもののようです。
MFオンリー、レンズシャッターの代用になるような機構もないのでシャッターは電子シャッターをそのまま利用とのこと。絞りに関してはNEXやマイクロ3/4用の絞り環のないレンズ用に絞り機構を内蔵したアダプター、あれと仕組みは同じようです。デモであったような60-250なんかはもとよりかなりのレンジで手持ちはよした方がよさそうです。手振れ補正の範囲をはるかに超えるような使い方になります。
コストがかさんでよいならそう言う部分を解消できるような機構も入れられるだけの余裕はあると思いますがおよそ現実的なものではないでしょうね。あるいはミラーとかw(いや、褒め言葉。あれだけのことよくもやってくれるもんです>SONY)
三脚使用前提であれば約5.5倍換算になりますから面白い使い方も出来そうです。

マイクロの2倍もどうかと思う自分ですから実際のところ自分は手を出すかどうか・・・ですね。
e0070773_2292175.jpg

ただ試作だからか、どうなのか思いの他カッチョ良かったです(笑

ユニークレンズ群を試すのをうっかり忘れてしまいましたが、ボケコントロールだけは標準単焦点で試してみることが出来ました。
今までのカスタムイメージ同様、RAW撮りにしているに関わらずJPGでの撮影に移行します。
撮影直後の一枚を別途保存できますからそれでRAW保存してやればRAWとJPGの二枚で撮り分けた状態にすることが出来ます。RAWにはボケはキャンセルした状態で保存されますからボケコントロールの効いたJPGと素のRAWが得られるわけです。
この辺り、追加機能でデフォルトで両方保存なんかしてくれるようになればありがたいんですけどねー。
e0070773_2217092.jpg

これは普通にRAW+JPGで撮ったもののDNGからJPGへ縮小リサイズ保存したもの。

あ、そうそう、今回RAWはDNGだけなんですが、DCU4で展開できませんでした。PCEでは当然ですが出来ます。PENTAX独自のPEFはこれからどうするつもりなんでしょうね。標準添付ソフトで問題なく開いたり加工できるならファイルサイズもそう変わらなくなってきましたしPEFを続けるメリットもあまり感じなくなっているのかもしれません。

展開するときに多少補正はかかっていると思いますが下の二点は同時に記録した画像です。
まずボケコントロールの弱を掛けたJPG。
e0070773_22231076.jpg

カメラ内現像でJPGをDNG保存したものをPSEで再度JPG化した縮小画像。
e0070773_2224147.jpg

ボケの違い、判ります?なかなか複雑なアルゴリズムで効果を与えているようですがここはもう少しぼかした絵がほしい、と言ったことが多い人には良いんじゃないでしょうか。
効かせ過ぎなどはこういうものの特性上禁物かもしれませんがなかなかの力技ですね。

やはり持ったときの感触とかは結構良い感じですしきびきびとした動作もなかなか好印象。
要らんかなあと思っていたのが早揺らいでしまったのは確かなようですw
まあちょっと買うにしても先になりそうではあるんですが・・・。

カラバリはやはりマグネシウムへの塗装は面倒と言うことで今のところなさそうです。
K-5の様に限定ならどうですかと聞いてみるとどうやら???
でもああいう形で出されると値段がこなれていても限定ゆえ出始めと大して変わらない値段で、と言うことになっちゃうんですよね。出来れば今回はそれは無しの方向で(苦
[PR]
by umashikatei | 2011-09-05 22:37 | 雑文

PENTAX QとOptio I-10と

既にカタログ落ちしたPENTAXの製品にOptio I-10があります。
往年のワンテンカメラをモチーフにした中身はごく普通のコンデジ。
あのサイズでレンズ交換式のカメラと言うのは出た当時も囁かれたものですが話の結びはいつも冗談話という収まり方だったように思います。
その冗談を当のペンタがやっちゃうんですからわからんもんですね。
でもワンテンを彷彿とさせるデザインだったらやっぱりレンズ交換式でないとと思うのは当時を知る人だったら当然思い浮かべることだったと思います。

で、今回のQですが勝算があってのことでしょうからある程度極小サイズの撮像素子故のデメリットと言うものも克服されているのではないかと思いたいものです。まあ蓋を開けてのお楽しみですね。
I-10とは1/2.33吋と言う共通の素子サイズなんですよね。もちろん二年以上の技術的ブランクがありますから画像処理技術などは進化しているのではないでしょうか。
それでも高感度などはやはり厳しいものがあるのではないかと想像しますが普通に撮る分にはI-10でも十分な画質を得られた様に思います。
最後は処分価格というお決まりのペンタの末路でいささか寂しい思いもしましたが色違いを買っておいても良かったかな、とか思いましたねえ。
主にそのスタイルに惹かれて所有することになったカメラですが、今からでももう少し持ち出してやっても良いかもしれません。
e0070773_31912100.jpg

で、何が言いたいかというと、このスタイルで出てくれていたら四の五の言わずに予約入れてたんだろうなあとw
よりメカっぽいデザインのQも十分アピールするものがあると思うんですがそれはそれとしてやはりAUTO110デジカメ版ってのは是非とも実現して欲しいものです。
I-10を出した当時はこういう新規マウントを立ち上げることなど夢また夢だったのかもしれませんね。で、ネタを使っちゃったと。如何にも行き当たりばったりなところがこれまたペンタらしい。

でも被っちゃっても構わないのでワンテンライクなレンズ交換式デジカメも是非お願いしたいものです。

写真は一年ほど前のI-10で撮影した梅田。既にここも新たな再開発ビルが立ち上がりつつあります。
御堂筋から眺めるぽっかり空いた西の空ってほっと出来て好きだったんですけどね。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-25 03:31 | 雑文

とうとうPENTAXもミラーレス

ほんまに1/2.33のコンデジセンサーで発表しよりましたなー。

ペンタックス、レンズ交換式で世界最小最軽量の「PENTAX Q」
PENTAX Q 製品ページ
マウント径はKマウントの2/3、フランジバックは1/5となかなかのショートフランジバックとなっております。この辺りはミラーのない分当然のことだと思います。
出始めのお値段はなかなか強気なものとなっていますし、なによりセンサーサイズがやっぱり小さいなあと言うのがありますので自分は購入予定はありませんが、せっかく立ち上げた新マウント、うまいこといって欲しいものです。
このマウントやとマイクロフォーサーズサイズのセンサーはちょっと無理ですかねえ。1/1.6or1.7くらいなら楽に載りそうですが。レンズはさすがに小さく軽い造りになっていますがイメージサークルは多少余裕を持って作ってるはずですからそれくらいはなんとかならんもんかなあってあのサイズもう作ってるメーカーもないのかな・・・。
マグネシウムボディとか、凝縮感とか、危ない要素はやはり持っているので見ると危ないかもしれません。まあ人柱の方々のインプレを今回は見守らせていただく側に回ろうかと思います。

こいつ、レンズシャッターとのことでマウントアダプター遊びには制限がありそうですが、それを内蔵する定番の単焦点と標準ズームの二本以外に三本、計五本のレンズが同時発表されています。
余裕があったら買ってね的なお遊びレンズ、魚眼とかトイレンズが発表されてるんですがそちらにはシャッターが内蔵されておらず本体の電子シャッターを使用するとあります。更にレンズシャッター使用のレンズも電子シャッターを利用するような選択項目があるとの話。これを利用すればアダプターを介してもシャッター制御が可能になるかもしれません。
実際この豆粒センサーでアダプター遊びをしたがる人がいるのかどうか、と言う根本的な問題がありますがボディ内手ぶれ補正もあることですし、この辺出来ないより出来る方が可能性が広がりますもんねー。
e0070773_2154825.jpg

それにしても「ナノ一眼」とは相当こだわってますね。ほれ、マイクロ一眼って元々はMXのキャッチコピーだった奴をもう昔の話でしょってな具合にほいほい使い回すメーカーとかありましたからねえ。三つ子の魂百まで、ですなあ。まあMシリーズの出自とか考えると向こうにも言い分はあるだろうことは判りますのであんまり言いませんが、なんか節操がないなあとは感じましたもんね。

話は前後するのですがO-GPS1の対応ファームがK-5、K-r、645Dの各機種向けに発表されています。K-5用ファームウェア、バージョン1.10ほか
自分にとってはこっちの方が関係ある話だったりするのですがさて、発売日にうまいこと買えるかなあ。

とりあえず6月の長野訪問は無しになりそうです。やはり天気がもう一つのようで。ちょうど訪問したつもりでO-GPS1を買うとトントンってな感じになりそうですしw

写真は先日参加させていただいた貸切での本当のサプライズ。
いやー、こういうことになっていたとは。仕事細かすぎますー。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-24 02:19 | 雑文

長電にも行きたいなー

2000系D車両編成の定期列車運用(6月分)について
梅雨時ですが動いてくれてるんですよねえ。明日なんかも動いたりしてますが自分も休みなんで行っても良いんですが、どうにもこうにも金欠です。
そう言やきたぐにでも長野着は翌朝結構早くにたどり着けるのに気付いてから訪問の機会がありません。あんなに新潟県と近かったんだなあ。広い長野県でも長野市は相当北に位置しているんですね。そう言うことも把握してなかった自分w
今週は平日も走ってくれるんですが実際に行けるとなると最終日辺りくらいかなあ。まーた日帰りとか往復夜行とかですが。
なんだかんだと言って定期を外れて以来、コンスタントに走ってくれているんですよねえ。発表が遅いのが本当に困ったことですが、月イチくらい連休をもらっておいた方がよいかもしれませんね。
その日に走ってくれるとは限らんですけど。
e0070773_2356354.jpg

以前アンケートで設問があったので開発はしているんだろうなとは思っていたペンタのGPSユニットO-GPS1が発表になりました。一般的な機能に加えまたしてもSRを駆使した星撮りの人には手軽に使える便利機能があったりしてやっぱりこの辺は面白いことを考えるメーカーやと思いました。
自分には一般的な機能の方だけで十分なんですが。
で、件のアンケートに幾らやったらこーてくれる?と言う設問がありまして、自分は1万くらいやったら欲しいかな?とか開発者が腰砕けになりそうな答えを書いた覚えがあります。。。
それでもその倍にもならない値段で出してくれるんですから有り難いことです。

これがあったら、何処で撮ったかわからん連れて行ってもらった先でただただ来た列車を撮るだけってな写真もこれでもかと言うくらいバッチリ撮った場所が判ると。
と考えると一つ持っておいても罰は当たらなさそうです。
e0070773_052224.jpg


んー、青森も何とかして行きたいんだけどこれこそ見込みが全く立ちゃしません。長野や高松の2回分じゃ済みませんからねえ。あービンボはいやじゃ。機材が旅費を圧迫しているのは間違いないんですがこっちはこっちでやめられない病気みたいなもんですし。
そもそもの可処分所得ってのがねえ。あー宝籤でも当たらんものか。そもそも買ってませんから当たりっこないですな。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-14 00:22 | 雑文