「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大阪でK-7イベント

先日の製品おさわり発表会(K-7トークライブ)がインフルエンザ騒ぎで唯一流れてしまった大阪で代替イベントが企画されました。いやー、律儀です。ここは是非とも申し込んでいろいろと現場の方とも触れ合う機会を、と思ったんですが生憎と仕事ですな(´・ω・`)
行ける方楽しんできてくださいね~。
e0070773_0103745.jpg

impressデジカメ Watch 中井精也氏による「K-7」大阪講演会
ペンタックス告知ページ・中井精也「K-7で1日1鉄!」

中井さんの写真展「ゆる鉄 from 1日1鉄!」には行ってみたいと思っております。って24日からですからもうすぐ始まりますな。

中井精也氏ブログ「1日1鉄!」
e0070773_23423676.jpg

余所ではまだまだ品薄ですが優先的に入荷されている様子のヨドバシでは在庫を見かける日も多くなってきました。あと、DA☆レンズに標準添付の新型レンズキャップ各サイズ、こちらも単品販売が潤沢に出回りだしたようです。ニコンやケンコーなどと同様の摘めるタイプのキャップ、ちょっと分厚くなっていますがフードを逆付け収納する際従来品では一度外してからでないと付けられなかったFA85mmなどには使い良い様ですのでお薦め(^^

写真は本文とは関係なく先日来こればっかりの阪急祇園祭板と天神祭板。
能勢電とか他線の分は例によってとれず仕舞かなぁ。
[PR]
by umashikatei | 2009-07-22 23:51 | 阪急電車

粋な計らい

ブログを更新して外を眺めたらそこそこ明るい。
んで、ちょいと出掛けてみました。同じとこw
我ながら芸が無いですねえ。

まあまあの露出で幕車の9300板付きも撮れたしまあこの辺で良いかなあとか思っていると6300のトップナンバーに板が(^^
機会がなかったんですが祇園祭の板も付けていたのかなあ。
e0070773_185241.jpg


ここ最近は正月などの京都線板車は9300中心になって6300系にはひとつも付かなくて時代の流れとは言え寂しい思いをしていたのですが、こうやってまた付けてくれると言うのは阪急自身もそう考えていたのでしょうか。やっぱり一本くらい在ってくれると嬉しいもんであります。
こうなるとちゃんと晴れカットをものにしたいと欲が出てきたりしますね。さて、どうなるやら・・・。
あとどれくらい本線での疾走を見れるのかと言うこともありますしこれからもこういう機会をお願いしますね阪急さん(^^

e0070773_18143280.jpg
e0070773_18235730.jpg
レンズはK-7に併せてIYHしたFA85mmとアポラン180mm。夏簿も悲しいくらい減っちゃってますので月賦払いと云う事にw
まぁ借金抱えてれば働く気もちょっとは起きるってもんで。
e0070773_18131985.jpg

カツカツですがな(´・ω・`)
[PR]
by umashikatei | 2009-07-20 18:16 | 阪急電車

お祭り板

山鉾巡行が終わると梅雨も明けて夏だな~って気がするんですが今年はちょっと勿体付けてくれます。と言うか結構崩れまくって被害をもたらしたり。最近の気候は変化が急激で、それに対応出来るインフラ整備が追いついていない感じでそれにお金使うなら文句も出ないんだろうになんでムダ金ばかりほいほいドブに捨てたがるかなあ、と言う気がしないでも・・・。
e0070773_1510887.jpg

水無瀬・PENTAX K-7+FA77mm
ぷゎんたがぁぁぁぁ。レンズの選択間違いましたか(´・ω・`)

25日までの予報を見ると天神祭の板は付け替わった時に撮っておけば良かったのかなあって思ったり。
e0070773_15103689.jpg
e0070773_15105315.jpg

西向日-長岡天神・PENTAX K-7+VOIGTLÄNDER APO-LANTHAR 90mm F3.5
天神祭の方は珍しく朝の撮影。露出もないし開放近辺でも高ISOになっちゃってます。後からなんやかんやといじっていたり・・・。

なんにしても梅雨も蒸し暑い夏もとっとと終わって欲しい・・・。>痩せなさい(゚▽゚)

HDRは・・・後回しになってますねぇ、予想通り。
[PR]
by umashikatei | 2009-07-20 15:18 | 阪急電車

HDRってなんじゃらほい

一部で大流行な画像処理技術でK-7でもカメラ内処理が可能になっているのですがいまだに試してみません。
で、手持ちの写真で擬似的に無料ソフトを使って試してみました。いずれK-7でもやってみようと思うのですが
それの予行演習?というか、まあお遊びです。

露出の違う複数の写真を合成してダイナミックレンジを擬似的に拡大して目で見た感覚に近い写真を作り出す技術、でいいのかな?最近はそれを応用して新たな写真表現として利用されたりもしますが、まずは本来の用途で試してみたいと思っています。用意した画像は5年前にコトデンでバルブ撮影したもの。カメラはEOS 10D。処理ソフトはPhotomatix の無料版1.6.製品版の3.0は日本ではジャングルの扱いで日本語対応のものがあります。機能制限つきトライアル版もあり。Jungle HDRsoft Photomatix Pro 3.0

e0070773_4523993.jpg

これが
e0070773_4532058.jpg

こんな感じに。写真自体は再掲ですm(_)m

ぱっと見色が強調されてコントラストも極端になっただけのようですが・・・。
すいません、ぜんっぜんきちんとパラメーターいじれてないですw
デフォルトではもっと間抜けた失敗写真のような感じになりますがうまく調整すればもっと見れるものになるはず・・・だと思います。製品版は知りませんがこいつはいじるところはそんなにないですから気長にやってみますか。
元の写真が色被りもあるものですからこれで試すの自体がいかんのかもしれませんが日中写真なんかも次は試してみましょう。

せっかく付いてるんだし素直にK-7でお手軽にやってみるのが正解なのかな?
これはこれでもうちょっと遊んでみましょうか。
[PR]
by umashikatei | 2009-07-14 04:57 | 撮影機材(キヤノンEFマウント)

空梅雨ですねえ

なかなかすっきりとは晴れてくれませんが・・・。
また水不足とかなるんかいねえ。

さて、京阪の七夕が古い車両好きの自分にはほとんど興味の対象から外れちゃいましたのでここ数年続いた三脚担いで会社帰りに、というのも今年は無し。その代わりに阪急の祇園祭と天神祭板の撮影に精を出すかというと今のところそれもちょっと身が入ってません。出勤前に撮影してからと言うパターンがこのところ体から抜けちゃったみたいで・・・。まあボチボチそう言うのもやっていこうと考えてますが。

とりあえずK-7に慣れるのも兼ねて撮った分なんかを。
e0070773_3542685.jpg

PENTAX K-7+VOIGTLÄNDER APO-LANTHAR 180mm F4
カスタム設定はほとんど先日のまま。巷で言われる20Dほど良い感じに仕上がらないと言われるファインシャープネスですがこれもまだ未確認。
しばらく速いの撮ってなかったからか、目で追うにつれてフレームも移動してるみたいです。
編成の後ろがカツカツに(´・ω・`)
水平をあまり気にせず済むようになったと思ったらこれですw
とっとと勘を取り戻さないと・・・。
[PR]
by umashikatei | 2009-07-09 04:06 | 阪急電車

水を差すにも程が・・・

ユーザーの気持ちを玩んでくれますね。
ペンタックスカメラ博物館閉館のお知らせ
いつか行きたいな、健在なうちに是非訪れてみたいな、と考えていましたがあと一ヶ月で何とか算段つけて行ってみようと言うのは自分にはちょっと無理かもしれません。遠いんだよなあ。
e0070773_033773.jpg

K-7+FA43mm ISO500
やっぱり、と言うかこの事自体は予想できたことではありましたが・・・。
渾身の新製品を世に問うて数日後にこの発表と言うのは何かの嫌がらせの様にしか映りません。
株主の利益を毀損した毀損した、と騒ぐ方々には些細なことなのでしょうが趣味を心から楽しめなくされてしまった自分らユーザーの不利益は誰か責任とってくれるんでしょうかね?
技術や文化を毀損しまくっている人たちが何を言ってくれるか、と思います。

自分は物を作りだす仕事に就きたかったんだな、と今更ながらによく思います。若い頃はイコール創作の分野かな、と思っていたのですがそれに限らず広義のもの作り。
この歳になって考えるのはなぜそう出来る様努めなかったのだと言う後悔なのですが・・・。
ですから努力してそう言う仕事に就いた人を尊敬しますし、就いたからには自分の思うようなもの作りを精一杯やって欲しいものだと思うのです。それが出来なくて何が工業先進国でしょう。何が技術立国でしょう。

顔を向ける相手を取り違えて、先人の結晶も技術を培う人々もないがしろにする様なところに一体何を期待しろと言うのか。ほとほと現状には愛想が尽きかけています。外から眺めてこうだったら中からだと・・・。そう言う話も聞こえていますね・・・。

いよいよとなった時、レンズを活かす方法は大まかに考えてふたつ。
・アダプターで他社ボディで使う。
・今あるボディを少なくとも自分が生きているうちは使えるように保つ、もしくは取替えの利くだけの台数確保する。
後者は冗談めかして言うこともあったのですが最近は結構真剣に考えるようになっていたりするのが悲しいですね。
フィルム感材が今後も供給され続けるなら銀塩も視野に入りますが今の形のデジタルとどちらが長生きするのでしょうね。

ユーザーにこんな思いをさせる経営者はやはり失格でしょう。そうじゃありませんか?
[PR]
by umashikatei | 2009-07-01 00:37 | 雑文