<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

惜別キハ603

関西でちょっと昔の気動車を楽しめる場所と言うのも本当に数少なくなってしまいました。特に国鉄型以外ではもうここくらいになってしまっていましたからそう言う意味でも引退は残念です。
e0070773_34423.jpg


大分交通からやってきて、彼の地で働いた期間よりずっと長く和歌山で働き続けた紀州鉄道キハ603。すっかりこの地に溶け込んで僚友604と共に紀州鉄道の顔であり続けてきました。最後はその604から果ては遠い故郷に保存されている601、602の部品まで貰いうけながらもかろうじて運行を続けてきましたが、老朽化を理由にとうとう引退となった訳です。なんとか運行を続ける道を模索してきた様ですが、当局の指導などもあったようで結局この日をもって第一線を退くこととなりました。最後は各メディアでも取り上げられそれなりの盛り上がりをもってその日を迎えられたのはせめてもの餞でしょうか。最終日は控えめながら心のこもった飾り付けをしてもらったようです。
e0070773_374472.jpg
e0070773_381673.jpg

601、602は保存されている姿を見に行ったことがありまして、愛嬌ある顔のまま独自の色に模様替えしながらも大切にされていたことが思い出されます。いずれその時の写真もご紹介できればと思います。
e0070773_3105929.jpg

実を言うと自分的にはこの紀州鉄道で施された前面窓の支持方法の変更が余り気に入らなかったりするのですが、すっかりこの顔も板についたようでこれはこれで良かったのかも、と今は思います。原型を見たければ中津まで見に行くことも可能ですしね。行こうかと思い始めた頃には既にこの顔でしたし。
e0070773_3143369.jpg
e0070773_3145678.jpg

e0070773_3175083.jpg

この日は着いた頃には雲が涌き始め納得いく走行写真は収められなかったのが残念ですがその分今まで撮らなかったアングルなんかも試してみたりしました。そっちの方は次回にでも。って勿体つけるほどの写真じゃないですが・・・。

以上撮影10月23日
[PR]
by umashikatei | 2009-10-26 03:26 | 紀州鉄道

ぽかぽかぽか

暑いくらいやったんですよ今日は。やのに天気が悪くてねえ。
はっきりしない天気の中、能勢電の100周年記念復活塗装編成最後の連結運転を見てきました。

e0070773_22494214.jpg

コトキチさんのブログ見るまで知らんかったんですけどね。
そのコトキチさんとのんびり駄弁れて久しぶりに楽しい時間をすごせました。ほんまおおきにです(^^

e0070773_22521038.jpg

e0070773_2315180.jpg

落ち合うまで適当に看板つけた編成とか撮っていたりしたんですが、今日はポカばっかりでしたわ。
ケツ切れたり来ないところで待ってたり露出ミスったりSS足りなくて被写体ブレブレしたり・・・。全部本番でw
やー、二往復してくれて助かったと言うか二往復して使える写真これだけかいって言うか。
e0070773_225836100.jpg

串刺しくらい失敗のうちに入りませんわははは。

e0070773_22593987.jpg

安心なのは駅撮りくらいでっかなあ。
e0070773_2302897.jpg

すっ飛んだ写真を補正しまくり。
なんでこうなりますかなあ。。。
e0070773_2312612.jpg
e0070773_2332190.jpg

山下で二回目、構図はリベンジも側面テカり過ぎ・・・。
e0070773_235394.jpg


で、4連にした機会は何度かあったんですが今回まで撮りには行ってなくて末端で折り返し運用してるのを一度撮りに行っただけでした。それもついでに載しときます。
e0070773_23104315.jpg

e0070773_23112723.jpg
e0070773_2312552.jpg


・・・あー、こっちも機会があるならもっぺんきちんと撮っておきたいですな・・・。
さて、連結運転は最後として、この色自体はいつまでなんでしょ??
聞いてくりゃ良かったですなあ。

紀州鉄道のキハ603、正式に引退が発表されました。来月の29日だそうで。さて、どうじゃったかなあ勤務、と思って確かめたら案の定仕事ですわー。定期運用の方を見にいけりゃあ御の字かなー。
[PR]
by umashikatei | 2009-10-17 23:21 | 中小私鉄関西

嵐電・江ノ電 姉妹提携

姉妹とか言うとまた擬人化とか言い出しそうで止めてくれなんですがそう言うことらしいので・・・。
e0070773_0261690.jpg

鉄道記念日の14日、それぞれの駅で記念式典が行われ互いの塗装を施した嵐電号、江ノ電号の出発式が執り行われました。
e0070773_0412841.jpg

こう言うのは午前中にやるんですよねー。はい起きれませんでした。お昼過ぎからのこのこと江ノ電号を見に行ってきましたよー。
とりあえずパンタ側順光も間に合いそうだったので西大路三条へ。
程なくやってきました(^^
e0070773_0102530.jpg

なかなか似合ってるじゃないですか。まあもともと似たような配色ですし、聞かなきゃそうと気付かない人もいそうです。

こちらがHM。
e0070773_025437.jpg

ん、なかなかいい感じ。
一年半ほど走ってくれるそうなので楽しみです。

で、江ノ電の方で走ってる嵐電号の方もネットで早速ブログに上げている方のを見てみると、こちらも撮ってみたいかなあとか思いだしたり。長らくご無沙汰してますし早いうちに見に行きたいもんです。

化け電のHMも今日からリニューアルだそうです。
こちらは今までとがらっと変わりましたねー。
e0070773_0341585.jpg

しかも前後で別(^^;
e0070773_0352124.jpg

こちらが嵐山方で
e0070773_0354337.jpg

こちらが大宮方になります。車体のラッピング自体は変化なしのようです。

モボ101型などは今日は日中お休みだったようですが化け電あり、教習車ありでお天気が不安定ながらもなかなか楽しめましたです。
e0070773_0392598.jpg
e0070773_0402871.jpg

同じ古都を走る鉄道と言うことで以前から交流はあったようですが本格的に提携と言うことでお互いに良い効果をもたらすような楽しい企画を打ち出していって欲しいものです。
e0070773_040478.jpg

[PR]
by umashikatei | 2009-10-15 00:45 | 嵐電

カビありズームタクマーとプリセットタクマーを試す(SMC ZOOM TAKUMAR85-210mmF4.5・TAKUMAR105mmF2.8)

会社帰りにジャンクワゴンから1000円で拾ってきたタクマーのズームレンズ。この時代のズームなんか使い物にはならんだろうと今まで手を出さなかったのですが一番表のレンズの裏側にぽつぽつと小さなカビが出ていたくらいで打ち捨てられていたのでつい持って帰ってしまいました。これなら飾り銘板外すくらいで掃除できるかなあ、と。まだ手を着けていませんがとりあえず持ち出してみました。
e0070773_23335455.jpg

カビは写真でも判別できないくらいの軽度のもの。このままでもいいかなあ。
こいつ、SMCですが開放測光には対応していないと言う中途半端な仕様です。インナーズームですが直進式、フィルター径が58mmで最短も3.5mといかにも昔のズームと言う感じ。それを補うクローズアップレンズが標準で付属していたのですが残念ながら本体のみ。まあこの値段ですし。
もう一本はオークションで手に入れたモノコートのタクマー。写真をちゃんと見ていなかったのでフィルター枠に当りが;_;)まあちゃんとフィルターはねじ込める程度なので使うには問題がありません。プリセット絞りですから実絞りで使うには便利かなあと考え手を出してみました。
e0070773_2329287.jpg


夜勤明けで帰宅して寝てましたので、いい天気やったはずですが出かけたのは夕方に近所で例によってまたですかな被写体。影が伸びるの早いし山は近いしで4時半には日がなくなってしまいました。まあ下手すりゃ引きこもりでしたしねえ。写真としての出来はそう言うことですので・・・。はい、言い訳終わり~。

まずは最大望遠。撮影順ではありません。天地がアレですがノートリミングで;_;)
e0070773_23495131.jpg

150mm。
e0070773_23481559.jpg

135mm辺り。
e0070773_2338258.jpg

85mm。えーと、顔に影が思いっきり被ってましたんでこれでご勘弁を・・・。
e0070773_23523043.jpg


実はこのレンズ、最初ドン曇りの日没近い時刻に持ち出したのですがEOS5Dのファインダーではよーピント合わせ出来ませんでしたわw。明るいレンズでも合わせ難いですからねえ自分の目じゃ。まして高ISOでもシャッタースピードぎりぎりな状況では。
それよりは遥かにMFしやすいK-7で今日の天気でしたら全く無問題でした。

最後にプリセットタクマー105mm。
前期型とされる鍍金がアクセントのモデルです。135mmも同様ですが、AUTO TAKUMARの登場後に再度ラインナップされた後期型があり、そちらは黒一色ということで外観から容易に見分けられます。しかし前期型には中間絞りのクリックの有無やフィート表示、メートル表示のみのものがあったりでバリエーションがあるようです。

どれも思った以上に写ってくれているようでまあほっとしたと言うかなんと言うか。
プリセットのレンズと言うのは要するに自動絞りがない時代、今のマウントアダプターで使うのと同じような使い方をしていたわけです。絞り込む場合実際にレンズが暗くなりますからピント合わせは絞りを開けた状態でやってから絞りリングを操作します。慣れないとその都度ファインダーから目を離して絞りリングを目視して操作する必要があります。それを補助するためピント合わせの前に絞りたい絞りの値をセットしておくダミーのリングがあって、ピントを合わせたのちクリックのない絞りリングを回すとセット位置で止まるようになってるんですね。
いちいち目で確認する必要がなく素早い絞り操作が可能となる仕掛け、と言うわけです。今では当たり前の技術も確立されるまでは無いなりに工夫をしていたんですね。
e0070773_23531922.jpg

共通のデータはボディK-7、ISO400・絞り5.6から8と言った感じです。

普段持ち出すレンズにはならないでしょうが、これだけ撮れれば自分には十分ですから機会を作って持ち出してやろうと思います。
ズームの方は近所が精々になると思いますが(^^;
e0070773_03293.jpg

そう言えば・・・。
紀州鉄道のキハ603、先週も動いた様で。さーて本当はいつまでなんでしょうなあ。
行ってもう動いてませんもがっくりだしまだまだ撮りたい構図やアングルなどもたくさんあるし・・・。
こうならんうちに行っておけってことですが。
[PR]
by umashikatei | 2009-10-13 00:07 | 撮影機材(M42・Sマウント)