「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

おけいはんも100周年

100年前に鉄ちゃんがおったらさぞかし忙しかったことなんでしょうねえ。鉄道趣味なんて概念もなかったろうしそれこそ岩崎渡辺コレクションくらいですか。他にも絵葉書写真とか報道写真などで後世に伝えられてはいますがその時分に今の装備で鉄ちゃん出来ていたとしたらさぞかし面白いことになっていたでしょうね。埋もれてしまった資料も数あっただろうと思いますが絶対数が多ければ後世に残るものもそれだけ望めた訳で。
阪急にしても、京阪にしても1型1号車の写真なんてものがきちんと残されていなかったりするんですよね。

とまれ、これで関西の大手私鉄はすべて目出度く100周年の節目を迎えたわけです。
e0070773_338465.jpg


中間車もないしどうしようかと一瞬考えましたがやはりあの形式は、と言うことで鉄コレの1900系を購入するため珍しく早起き、京阪百貨店を覗いたり、土居で100周年記念HMをつけた編成などをぼへ~っと撮影して来たりの一日でした。
e0070773_3492039.jpg

正直久しぶりで、伝え聞いてはいたものの、新しい塗装の編成が増えましたねえと言うのがとりあえずの感想。印刷になっちゃったけど一応社紋つきの新塗装編成や、それすらないものなど出場時期で微妙にパターンがあったりするようで、きちんと追いかけている人は楽しいだろうけど大変だろうなあ、と。
で、一編成塗り変わる度に慣れ親しんだ塗色が数を減らしていくのを実感するわけで、これはこれから自分も味わっていく思いなんだろうなと考えると、なくなっていくものを惜しむ人たちの気持ちは良く判ります。
e0070773_351157.jpg

何年も走っていれば手を加えられていくわけですから姿かたち、登場当時のままの編成なんてのはある訳もないんですが、やはりぱっと見た時の印象と言えば色は大きなウエイトを占めますからそれが変わると言うのは劇的な変化と言えます。
e0070773_354159.jpg

後追いのパンタ串刺しな写真ですが・・・100周年記念装飾が施されている編成です。
地味です・・・w
正面からは何も区別が付きません。ここはやはり京阪だったら派手なラッピングだろうと思うのですが。

e0070773_3565769.jpg

こちらもHMの掲出期間は一ヶ月しかありませんので出来る限り足を運んでおきたいものです。

複々線のトイ面は遠いですなあ。前にも実感したはずですがすっかり忘れてましたわ。
[PR]
by umashikatei | 2010-04-18 04:03 | 京阪電車

春たけなわの山本に遊び風邪をこじらす

咽喉とお腹に来まして・・・。医者には行っていたんですが効き目今一だったんで強めの薬もらわなきゃなあとは思っていたんですが天気もそこそこだしせっかく休みだし、と出掛けてこじらせて仕舞いました。

そこまでして撮れたのこんな写真かいってのは無しの方向で・・・。
撮影のために降り立った山本。まずは宝塚寄りに向かってみます。この時点で逆だったんですが。
e0070773_6242383.jpg

中途半端な残り方をしていたのでトリミングして左をカットしてみましたw編成収まる場所なんですがね。
機会があれば再挑戦。まあ自分の場合こう言うとまず撮り直しの機会はありませんw
e0070773_795054.jpg

この辺り、踏切の多いところですね。
e0070773_627217.jpg

雲雀寄りの方はそろそろ面が薄くなっていましたorz
まあなんとかと言えなくもないのでこれもまたの機会があれば。
踏切からですが、フェンス越しにならもうちょっとすっきりと撮れる場所もあるようです。もうひとつ先の踏切も見てみればよかったかな。
e0070773_718595.jpg

こんな感じのとこです。脚立の是非はここでは言いませんが往来のそこそこある割に舗装もされていない細い道です。邪魔とまではならないまでも配慮はあった方が良いかもしれません。
e0070773_733296.jpg

e0070773_6295914.jpg
e0070773_6302179.jpg

見たいものは全部来てくれたのですがいかんせんポカばかりで効率良くとはいきませんでした。
また体調万全の時にのんびり訪れてみたいもんです。
全然桜と絡められなかったので最後に山本らしく造園業者さんの土地に来た春の風景、でお茶を濁しておきます・・・。
e0070773_7215310.jpg

[PR]
by umashikatei | 2010-04-05 06:33 | 阪急電車