「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

名残雪に見送られて-長野電鉄2000系A編成さよなら運転

予定通り行って参りました。よせばいいのに往復夜行バスでかなり体力的にしんどかったです。翌日の仕事にしっかりと差し障りが・・・。

でもね、行って良かったですよ関東組の元気な姿にも逢えたし。前夜の飲み会だけで沿線では結局一度も会わなかった人も居ましたがめいめいが撮りたい場所で撮りたいように、と言う結果ですんでこれはまあ当然あり得る話。

ここは晴れて欲しかったのにとか単純に自分のポカで、とかまあ例によって満足行く結果とは言えなかったような気もしますがまあそこはいつものこととして。穏やかな良いお見送りだったと言っていいと思います。

前日は屋代線で。そうなんですよねえ、ちょうど正式に廃止届けが出されたところの初訪問となりました。あと一年、ですか。

撮るとこないとは聞いていましたが良い雰囲気の場所なんかはいくつも見かけましたし、そう言うところで今後訪問できた時に撮影できればなんて考えています。

俯瞰は結局見送って竹原-夜間瀬をうろついてみました。
e0070773_2320849.jpg

この日の雲にはこれ以上ないと言うくらい人を食った動き方をされてしまいまして・・・。別の撮影地なら大丈夫だったに違いないスジがことごとく被られて。雲の端が常にお日さん辺りにまとわりつくという最悪のパターン。通過直後に晴れ間が覗くとかそういうのばっかりで笑っちゃいましたわ。背景だけ晴れてるとかねえ。

その貴重な晴れたスジに来るのはD編成だしまあいいんじゃないかと湯田中まで物販覗きに行ったり。まあこの辺もいつもの判断ミスですねえ。
e0070773_2335166.jpg

ここはここで撮ったことなかったんだしまあいいかー。
こうして見るとその勾配には驚かされますね。もっとそれを実感出来るような写真も、とは思うのですが。
e0070773_23394581.jpg

この先、上条までの辺りなんかそう言う場所があると思うのですが。一度歩いてみますかね。A編成は雪の写真ばっかり撮ってた様な気がしますねえ。新緑の季節なんかにも撮っておきたかったかなあ。
冬枯れ、雪の中のA編成ってまるっきりモノトーンですから。まあそれもらしいとは思います。
e0070773_2345223.jpg

[PR]
by umashikatei | 2011-03-30 23:45 | 長野電鉄

徐々に元のうだうだに戻していければと・・・

まあなんですわ。声の届かないここで愚痴るよりもっと正しい方法があるんではないかとも思いますし徐々に普段の鉄道写真やらPENTAXのカメラ、レンズの話の頁に戻していった方がいいんではと思ってるんですよね。地元ネタも撮りに行きたいものはありますし。
なにより柄じゃないかと・・・普段以上に支離滅裂ですし。

とりあえずは今週末の長電、ですか。まずボンネットの往路撮ってから長野に移動、と言うのが正解だとは思いますが夜行バスで土曜の朝に着く予定でおります。2000が動かんと言ってもまあそれならそれで屋代線でも見に行こうかなとか。
e0070773_0114182.jpg

先日の20日はA編成が普通運用で終日動くというものでしたが、この27日は特急運用が全て2000系と言うものでD編成も含め終日動きます。撮影機会も多いことですし楽しみです。
移動はちょっと電車だけではしんどいんですけどね。特に中野から湯田中の普通しか停まらない駅は。カーブ中心にこの区間は撮ってみたいと思います。
あとは・・・斜光が撮れればなあと。それくらいですかね。
e0070773_0132281.jpg

あと、ここでリンゴ色を俯瞰してもみたいけどどうなりますやら。やっぱり荷物抱えてはしんどいと言うことはよく判りました。先週はさすがに関東からは知り合いも来られなくて幾分寂しい撮影でしたがこの週末は何人か来られるとのこと。バタバタした日常を忘れてのんびり楽しめるといいなあ。
e0070773_0163599.jpg

普通運用ならではの村山でのバルブ。ですがレンズが短すぎでしたね。ざっくりとトリミング。二両と停車位置が同じだともう少し手前に来るんじゃないかと勘違い。
この日のA編成ですが長野方が鹿マーク、湯田中方がさよならマークと言う趣向でした。最後はどうするのかな?まあ行ってみてのお楽しみですね。
さて、荷造りでもしますか。
[PR]
by umashikatei | 2011-03-25 00:27 | 長野電鉄

逃避行動?こんな時期ですが長野再訪

最近のエントリーを見てもらったら判ると思うんですが地震やら原発やらの話で少々情緒不安定気味な自分でもやばいなあな気分でして・・・。もちろん避難生活を余儀なくされている方々に比べれば甘えたことをぬかすなと言われて当然なのですが。

先が見えないのですよね。阪神淡路の時は余震も収まっていくにつれ「これから元の暮らしを取り戻していくんだ」と言う雰囲気も感じられたのですが。無策と言うよりも悪い方に引っかき回す意図を持って行動しているように思われる現在の政権が論外なのは言うまでもなく、あまりにも甚大で広範囲に渡る被害。まさにどこから手をつけていいのか・・・。

交通インフラは徐々に復旧していくのでしょうが、津波に対しての対策を考えると元のままの街の姿を取り戻すと言うだけでは今後の備えにはならないでしょう。その辺りの論議を尽くした上で新しい防災基準に乗っ取った安全な町づくりを模索していくべきだと思うのですが、そう言った話が一向に出てこない。目の前にある問題を他の人に任せて先のことを考えなきゃいけない人、とりまとめなきゃいけない人と言うのが必要なはずなんですがそう言った考えで動いている与党の人間は居ますか?右往左往行き当たりばったりで動いているようにしか見えませんよ。あんたたちゃただの烏合の衆ですか?そんなのに一人年何千万もムダ金突っ込んですか?私たち納税者は。

で、原発。これは先の政権党にも責任がないわけではないですが、目の前にある今しなけりゃあとでもっとやっかいな手間が増えると言うことをことごとく悪い方悪い方にもっていくと言うのはまさに現政権の面目躍如。一種の才能というか、考えたくないことですが破壊工作を意図して混乱に乗じて利敵行為を行っているんじゃないかと勘ぐりたくなる程の無策っぷり。
もともとは天災ですが一連の流れは完全に人災じゃないですか。日本に対して信頼を持って接してくれていた人たちへの裏切り、国民への裏切りです。とてつもなく大きな負の遺産をたった10日で作り上げてしまった。で、責任はとらないんですよね。仮に土下座されても赦す気など毛頭ございませんが。

混乱の中でバカな上役に邪魔されながらも必死に対応してくれている現場の人たちが報われる日は来るのでしょうか。希望を持てないまま目の前の難事に立ち向かっていかなければならない人たちのことを考えると本当に胸が痛みます。せめて彼らに対してはその安い頭を土下座して謝るくらいのことはして欲しいものです。

毎日毎日こんなことばかり考えてちゃこっちも持ちません。
と思って長野に2000系を見に行ったんですが、帰ってからもこんな調子じゃ行ってる時だけですね、気が紛らわせられるのも。福島第一が安定するまでは無理な話なんでしょうね・・・。

e0070773_21502317.jpg


27日の行程が発表されました。最後の最後まで見送るのは無理なようですが、A編成にさよならして来ようと思います。

[PR]
by umashikatei | 2011-03-22 21:50 | 長野電鉄

現場の皆さまお疲れさまです

怒鳴り散らす上司、引っかき回す上司、足を引っ張る上司。どこにでも居ますわねえ。
自分に酔って自分のカッコ付けのために他の者を捨てゴマに使う。そして最悪なことに何か失策でもあろうものならすべてを他の者の責任にして自分は何の責任もとらない。
そう言う者がトップの組織はその取り巻き以外はみんなそろって割を食うんですよ。

今、つまらない、本当につまらない自己保身のためにせねばならないことから目を背けて出さずに済んだかもしれない被害者を大量に生み出そうとしている大バカ共がその場限りの言い訳を考えるのに忙しく動き回っています。あなた方が今しなきゃいけないのはそんなことじゃないんだ!
[PR]
by umashikatei | 2011-03-16 21:01 | 雑文

気休めになるかどうか

MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説
自分自身随分前に偏った本で得た知識しか持ち合わせていないので(主に反原発の立場から書かれたもので当時話題にもなって読まれた方も多いと思われる本です)こう言った専門知識を持った方の書かれたテキストは大変参考になります。もちろん十分な理解が出来るわけではありませんが・・・。
震度計、津波の場合もそうでしたがモニターだけに頼らざるを得ない局面が多いだけに非常時にも壊れない計測装置というものはこれからはもっと重要視されて欲しいものだと思います。結果的に入っていなかった冷却水と言った局面がありましたがこれも本当に入っているのか、いや入っているはずだと憶測を生む流れがありました。これでは困る。本当に入っていないなら入っていないことを速やかに確認できなければいたずらに時間を浪費するだけです。

また長野~新潟の広い範囲で地震との報。真夜中だからと気を遣ってくれる訳もありませんがいつになったらゆっくりと眠れる日が来るのか・・・。
[PR]
by umashikatei | 2011-03-15 01:41 | 雑文

まだ・・・

必死の努力を讃えるのは早かったようですが、信じてます。頑張ってとしか言えません・・・。
状況が二転三転している様にみえますが、それでも何も伝えられないよりはいいと思うしかないのか。どちらにしても辛いものです。早く「もう安全です」その一報が聞きたい。
[PR]
by umashikatei | 2011-03-14 21:13 | 雑文

福島第一原子力発電所

実に苦渋の決断であったと思います。ポンプによる循環が機能しないため燃料棒が冷却水から露出するという予想外の事態に1、3号炉は海水を注入することで事態の改善を図るという最終手段を選びました。そこまでのことは恐らく考えていなかったものだと思います。ポンプにしてもサブシステムまで機能しない事態は計算上はありえなかったことでしょうから。でも起きてしまった。
最終手段とは言えそれでもなんとか出来るであろう方法が残されていたのは不幸中の幸いと言わなければならないでしょう。
ともあれ、これで廃炉は決定的と言われていますが早く安全宣言なり完了宣言を聞きたいものです。周辺に住む方々、関東在住の方々は気が気ではないと思いますから・・・。


今まで安全運転に心血を注いでこられた方々の心中、お察しします。しかし未曾有の大地震に最善を尽くされたことは記憶されるべきだと思います。この教訓が今後に活かされることを願ってやみません。
二重三重で万全と思われていたフェイルセーフシステムも万全ではなかった。コスト的にはしんどいとは思いますが更なる安全策を事前に用意されるべきでしょう。そのためのコストは利益を享受する一般ユーザーが負担してでも。それが地震大国たるこの国に原子力による発電システムを数多く稼働させなければいけないほど資源浪費に走った我々の責務だと思います。

出来ることとしては些細なことなのかもしれませんが夜間のTVは消して情報収集はラジオで。
エコじゃないブラウン管TVですから多少は消費電力の抑制にはなるんではないかと。
あとはエアコンですかね。


長野電鉄ですが20日のイベントはやはり中止なのかなと思ったらA編成と離合する列車のリストなんて更新がされています。イベントやるのか。中止になってくれた方が諦めつくんですが・・・。
不謹慎かもしれませんがやるなら行ってみたいと考えています。消費活動をして経済を回していくのも無事だったものの務めですから。

近所の桜が芽吹いていました。もうそんな時期なんですね。
TVで見る被災地は建物が流されてもなおそこにしっかりと立つ木々の姿が印象的でした。被災地の桜もいずれ綺麗な花を咲かせることでしょう。
その頃には被災された皆さんもゆっくり桜の花を眺める余裕が生まれているといいのですが。
明けない夜はない。そう信じます。
[PR]
by umashikatei | 2011-03-13 21:21 | 長野電鉄

鉄や写真どころじゃない・・・

入ってくる情報を見るたびにこんな非現実的なことが実際に起こっているはずがないと思わずにはいられません。被災された方々の一日も早く立ち直れる日が来るのを祈るとともに亡くなられた方々の冥福をお祈りします。

今はともかく福島が気懸かりです。被害を少しでも少なく出来るよう今も頑張っておられる方々のことを思うと頭が下がります。その苦労が報われますように・・・。

神戸の時も何も出来なかった自分ですが今回も同様な何もしない、何も出来ない自分なのか・・・。歯痒いです・・・。
[PR]
by umashikatei | 2011-03-12 20:01 | 雑文

ようやくA編成さよなら運転の「前週」のイベント詳細が

平成23年3月20日(日)『2000系A編成最終普通列車定期運行イベント』開催!
併せて26、27にもイベントとの告知が記載されています。これで宿と足は無駄にならずに済みます。って20日の宿はキャンセルかな(´・ω・`)
江ノ電を見に行くとして東京辺りに宿を取る、とか?素直に日帰りするのに比べると足代がプラス1万に宿代という勘定になりますか。ふむぅ。世間的には3連休だしあんまり逡巡もしてられないんですが・・・。ってまだ取れるのかね?宿。
e0070773_23361083.jpg

20日はすべて普通運用、中野止まりです。須坂からの出入庫運用も含めて朝から夜までたっぷりA編成が動きます。これはやっぱりいままで撮れず仕舞いになっていたあれやこれも撮っておきなさいと言うことなのでしょうか(^^;
晴れるといいなあ。
e0070773_23421429.jpg

楓の湯には行きたいとこだけど今回はこの辺りで撮る機会はなさそうですね。
月末に期待したいところですが。

朝のみ須坂-長野でD編成が一往復します。これを撮るとなるとその間長野寄りに居ることになります。移動の手間はあるもののせっかく動いてくれるんですしこれも見ておきたいなあ。
あとは延徳-小布施辺りをうろうろと言ったところでしょうね。
桜沢以外本当に場所を知らないもんで電鉄倶楽部さんのなんとなく長電特急、この頁を読んであーでもないこーでもないと考えてみるとしましょ。

あ、そうそう、帰りはどうするんだよ・・・。どちらの日程もまるっきり考えていなかったり(^^;
江ノ電は行くのか行かないのかとっとと決めなきゃなあ。
[PR]
by umashikatei | 2011-03-09 23:54 | 長野電鉄

たまにはJR~雷鳥もこれにて撮り納め

ボンネットを熱心に撮ったかというとそうでもなく、本数があった頃にどんだけ撮ったかというと手近な割にそんなに撮ったわけでもなく、まあJRと阪急の選択肢があれば阪急でしたから当然なのですがそうは言ってもまるっきり興味がなかったわけでもないんですが結局はそれだけで遠征するというのもとんとない話でした。遠方のJRなんかは地方私鉄を撮りに行ったついでと言った感じでしたし。今思えばもう少し地元だけでも撮っておけば良かったかなと思ったりもします。
とか言っておいて月末は長電のA編成さよなら運転があってもなくても長野入りの予定でボンネットやら琵琶湖一周は見に行けないんですけどね。

今日が改正前の最後の休みでした。
で、近所の名神側道のオーバーパスで8号とその回送を撮って赤川鉄橋まで行って来ようと言うのが本日のプラン。33号はどこで撮りますかねえ。

8号は裏被りでした(´・ω・`)
e0070773_22321844.jpg

やっぱり回送幕(^^;
と午前の部は煮え切らない結果に。
e0070773_22345226.jpg

今日はほんとに平日なのか?てな同業者の数でしたよ。
先週会った堺から原付で通っていると言う人とも再会。熱心に通われていたようで、最後まで心おきなく撮影頑張って欲しいものです。

e0070773_22382083.jpg

雷鳥33号を撮るとなるとこいつの返しはもろに被る時間になるようなのでとりあえず試運転を一本とHMなしのを見て移動します。
今日は風が強くってねえ。雨より辛いかも(^^;
e0070773_2241542.jpg

まあアップも何とか。
e0070773_2340837.jpg

送り込み回送、ですが今日の天気もアレでしたんで以前撮ったものを。昨年の11月のものです。文殊と雷鳥33号の回送を山崎-島本で。ちょいとやっぱり短いですね。
e0070773_23441654.jpg

33号は撮ったことなかった(汗)ので今日の画像です。山崎のカーブに行ったんですがここは本当に久しぶり。柵が高くなったとの話ですが確かに高くなってる、のかな?
間に入らせてもらうのもちょっと無理っぽかったのでもうちょっと先へ行ってみます。
木が一本あって後ろの人はそれを避ける構図になりますからその木の外から撮る形の位置。柵が掛かるので誰も撮ろうとしないとこ(^^;
ここにしろ赤川にしろ本当に今日は平日なんだろうか。・・・はいいんですが雨が本降りに。

後ろは日が出てるんですが被写体も撮影位置も雨。なんか不思議な景色になりました。
e0070773_23561119.jpg

うーん、雷鳥が来るまでには山に入っちゃうんだよねえ。この光線で撮ってみたかったかも。
e0070773_23573910.jpg

まあ見る見る露出が落ちる落ちるw
e0070773_0062.jpg

とりあえずこんな感じのお見送りでした。

雷鳥と言えば北陸方面に行く時に乗らせてもらったんですが、18切符やサンダーバードの利用も多かったのでトータルで乗ったのは数えるほどだった様な気もします。とは言えその姿は日常的な光景でしたのでもう見られなくなると思うとやっぱり寂しいものですね。
しばらくは直流改造車の姿を見る機会がありますがそれもいつまででしょうか。もうちょっとつき合ってみるのもいいかもしれません。

PENTAX K-5・DA☆200mmF2.8+1.4X-L、DA★50-135mmF2.8ED [IF] SDM
[PR]
by umashikatei | 2011-03-09 00:13 | たまにはJR