<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

F AFアダプター 1.7Xでお遊び

いや、暑いですねえ。なーんもする気が。
ここしばらく火曜の休みが多いんですけど来月からはどうなるかなあ。とりあえず他の休みを突っ込んだので代わりに消える火曜の休みがあったりしますし。がばっと有休突っ込めたらなあとも思うんですけど小人数の職場だから仕方ないやねえ。

梅雨の晴れ間と言うことで一日動ければ良かったんですけど例によって午後からごそごそ。結局何処に出掛けるでもなく近所鉄のみとなりました。
例によって芸もなく同じ場所で同じような写真を。
もうじき祇園祭のHMが付くはずですが今はなんも無し。9004も試運転どころか本運用に入ったと言うことでこちらで撮る機会も逸しましたし。先週宇治線と掛け持ちとか出来れば良かったんですけどねー。さすがにそこまで動き回れませんわ。
e0070773_232662.jpg

今日はNOKTONとF AFアダプター 1.7X、それに50-135を持ち出してみました。
以前駆け込み購入した時に使用感をここで書いていたのですがそれの補足。多少説明不足なこともありましたし。
e0070773_234867.jpg

まずはNOKTON単体で。exifは55mmとなっています。F AFアダプター 1.7Xを使用するときは手ぶれ補正を正しく作用させるためには焦点距離×1.7の値を手動入力してやります。
NOKTON58mmだと×1.7で98.6mmの焦点距離となりますから100mmでok。実際に写る範囲はペンタのAPS-Cですから更に×1.53した画角となります。
e0070773_23332340.jpg

PENTAX K-5+NOKTON58mm+F AFアダプター 1.7X
レンズを無限位置にした状態でAFが作動します。前にも触れましたが無限位置にしないと動作はしてもきちんとピントが合うかどうかわからんよ、ということなのでここはきちんと無限に。

中央のAFポイントしか使えませんからコンテニュアスなどは試していませんがまあ十分実用的なものではあります。結局鉄道写真に使うには置きピンなんですけどね。
で、ズームで使うにはいちいちズーミングの度に入力し直す必要がありますw
この辺面倒ですけど同じ被写体にズーム位置を変えながら撮影するというのでなければまあこれも実用出来る範囲でしょう。Aレンズ以前のマニュアル焦点ズームを使うときと同じ使用感になります。
まあこれが面倒であまりマニュアルズームは使わなかったりするんですが。
超音波モーター内蔵のレンズも従来式のAFになりますからやかましくなるのが難点と言えば難点か。
AF-MF切り替えスイッチのあるレンズですからMFにした状態で使いましたがスイッチ無いとどうなんでしょうね?その辺もまた確認してみましょう。
e0070773_23485476.jpg

ズーム端。これは若干トリミングしました。135mmですから229.5mmになりますが選択項目が200mmか250mmしかないのでこれは250mmで入力しました。
e0070773_23523312.jpg

大体90mm。90mmとして153mmになりますからこれは150mmで入力。
恐らくAF-Cだと迷いまくるんではないかと思いますがこういう使い方なら十分実用的なものだと思います。画質もまあそこそこ?はいけているのではないかと。ある程度の劣化は仕方ないでしょうが思っていたよりはいいかな、と言うのが正直なところです。
フィルム時代のMFレンズをAF化するための製品ですから今回の様な使い方は想定されていないものです。その点ご留意下さい。

また折を見て持ち出してみましょう。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-28 23:57 | 阪急電車

PENTAX QとOptio I-10と

既にカタログ落ちしたPENTAXの製品にOptio I-10があります。
往年のワンテンカメラをモチーフにした中身はごく普通のコンデジ。
あのサイズでレンズ交換式のカメラと言うのは出た当時も囁かれたものですが話の結びはいつも冗談話という収まり方だったように思います。
その冗談を当のペンタがやっちゃうんですからわからんもんですね。
でもワンテンを彷彿とさせるデザインだったらやっぱりレンズ交換式でないとと思うのは当時を知る人だったら当然思い浮かべることだったと思います。

で、今回のQですが勝算があってのことでしょうからある程度極小サイズの撮像素子故のデメリットと言うものも克服されているのではないかと思いたいものです。まあ蓋を開けてのお楽しみですね。
I-10とは1/2.33吋と言う共通の素子サイズなんですよね。もちろん二年以上の技術的ブランクがありますから画像処理技術などは進化しているのではないでしょうか。
それでも高感度などはやはり厳しいものがあるのではないかと想像しますが普通に撮る分にはI-10でも十分な画質を得られた様に思います。
最後は処分価格というお決まりのペンタの末路でいささか寂しい思いもしましたが色違いを買っておいても良かったかな、とか思いましたねえ。
主にそのスタイルに惹かれて所有することになったカメラですが、今からでももう少し持ち出してやっても良いかもしれません。
e0070773_31912100.jpg

で、何が言いたいかというと、このスタイルで出てくれていたら四の五の言わずに予約入れてたんだろうなあとw
よりメカっぽいデザインのQも十分アピールするものがあると思うんですがそれはそれとしてやはりAUTO110デジカメ版ってのは是非とも実現して欲しいものです。
I-10を出した当時はこういう新規マウントを立ち上げることなど夢また夢だったのかもしれませんね。で、ネタを使っちゃったと。如何にも行き当たりばったりなところがこれまたペンタらしい。

でも被っちゃっても構わないのでワンテンライクなレンズ交換式デジカメも是非お願いしたいものです。

写真は一年ほど前のI-10で撮影した梅田。既にここも新たな再開発ビルが立ち上がりつつあります。
御堂筋から眺めるぽっかり空いた西の空ってほっと出来て好きだったんですけどね。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-25 03:31 | 雑文

とうとうPENTAXもミラーレス

ほんまに1/2.33のコンデジセンサーで発表しよりましたなー。

ペンタックス、レンズ交換式で世界最小最軽量の「PENTAX Q」
PENTAX Q 製品ページ
マウント径はKマウントの2/3、フランジバックは1/5となかなかのショートフランジバックとなっております。この辺りはミラーのない分当然のことだと思います。
出始めのお値段はなかなか強気なものとなっていますし、なによりセンサーサイズがやっぱり小さいなあと言うのがありますので自分は購入予定はありませんが、せっかく立ち上げた新マウント、うまいこといって欲しいものです。
このマウントやとマイクロフォーサーズサイズのセンサーはちょっと無理ですかねえ。1/1.6or1.7くらいなら楽に載りそうですが。レンズはさすがに小さく軽い造りになっていますがイメージサークルは多少余裕を持って作ってるはずですからそれくらいはなんとかならんもんかなあってあのサイズもう作ってるメーカーもないのかな・・・。
マグネシウムボディとか、凝縮感とか、危ない要素はやはり持っているので見ると危ないかもしれません。まあ人柱の方々のインプレを今回は見守らせていただく側に回ろうかと思います。

こいつ、レンズシャッターとのことでマウントアダプター遊びには制限がありそうですが、それを内蔵する定番の単焦点と標準ズームの二本以外に三本、計五本のレンズが同時発表されています。
余裕があったら買ってね的なお遊びレンズ、魚眼とかトイレンズが発表されてるんですがそちらにはシャッターが内蔵されておらず本体の電子シャッターを使用するとあります。更にレンズシャッター使用のレンズも電子シャッターを利用するような選択項目があるとの話。これを利用すればアダプターを介してもシャッター制御が可能になるかもしれません。
実際この豆粒センサーでアダプター遊びをしたがる人がいるのかどうか、と言う根本的な問題がありますがボディ内手ぶれ補正もあることですし、この辺出来ないより出来る方が可能性が広がりますもんねー。
e0070773_2154825.jpg

それにしても「ナノ一眼」とは相当こだわってますね。ほれ、マイクロ一眼って元々はMXのキャッチコピーだった奴をもう昔の話でしょってな具合にほいほい使い回すメーカーとかありましたからねえ。三つ子の魂百まで、ですなあ。まあMシリーズの出自とか考えると向こうにも言い分はあるだろうことは判りますのであんまり言いませんが、なんか節操がないなあとは感じましたもんね。

話は前後するのですがO-GPS1の対応ファームがK-5、K-r、645Dの各機種向けに発表されています。K-5用ファームウェア、バージョン1.10ほか
自分にとってはこっちの方が関係ある話だったりするのですがさて、発売日にうまいこと買えるかなあ。

とりあえず6月の長野訪問は無しになりそうです。やはり天気がもう一つのようで。ちょうど訪問したつもりでO-GPS1を買うとトントンってな感じになりそうですしw

写真は先日参加させていただいた貸切での本当のサプライズ。
いやー、こういうことになっていたとは。仕事細かすぎますー。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-24 02:19 | 雑文

久しぶりに京阪宇治線

ええと、4+3だったりした本線系車両を支線で4連運用する場合、本線でどちらに4連が付いているかと言うのはまあファンだったら常識だったりすると思うんですよ。
そう言うことも知らずにのこのこ行った奴がドツボにはまったと言うお話し。

もう蒸し暑くて30℃超しやがったらしいし自分としては部屋で引きこもっていたい気も十二分にあったのですが、なんか変なもんが宇治線におるらしいとの話を聞きましたので宇治線も久しぶりやしなあとよせばいいのに行ってみたわけです。原付で行くのも億劫。と言うことでJR経由にしたのですが結論としては最初から黄檗に出れば良かったな、と。

転落防止幌の台座が付いたまま分割された先頭車が運用に就いているらしいんですわ。2613を先頭とした4連だそうです。
編成中間の先頭車には今まで転落防止幌を取り付けていなかったんですが最近になって付けだしたらしく、早速それが分割して運用に入ったらしいんですな。とは言えどちらに付いているかとかそう言うのを把握してなかったんが問題。で、素人は京都方やろうと。もうはなっからが間違いw

最初は観月橋。ここで一回り見てみることにします。
10000系が一本、それ以外は2600、塗色変更車はうち一本。ここで見れたらそのまま帰るくらいのつもりでいたんですよねえ。
e0070773_23274072.jpg

ふみゅ古風な料理旅館は健在ですねえ。しかしホームが入りますなあ。
で、こいつに確かに付いてました。
いや写真には付いてるように見えませんな。
付いてるのは京都方でした(´・ω・`)
e0070773_23284360.jpg

もう一本見れば一巡するので、ついでだからとそれ見て順光の撮影地に移動しようと思ったんですがちょっと遅かったようです。せめてもう一本早めに動けば宇治の入線辺りで手を打てたんですが(´・ω・`)
e0070773_23432425.jpg

いつまでかなー、また見に来れるかなー。ってまあそこまで撮りたいもんでもないような気がしますがw
あと、これからは珍しいものでなくなるかもしれませんしね。
e0070773_23324687.jpg

これも駅を出ずに入線のもうひと折れがあればいけたかなー、まあいいや。
そういやこの2613-2813の編成と入れ替わりに宇治線を出たのが先頃まで話題を集めた混色編成のようです。こっちも見たかったなあ。

敗因としては上記の無知ぶりもそうですが乗り換えのたんびに人より一本遅くなる時間の浪費っぷりも挙げられるでしょう。どうも脇目もふらず目的地を目指すというのが最近特に出来なくて。

e0070773_23341790.jpg

こっちも順光時間に撮ってみたいですな。
JRに乗って帰ろうと思ったらダイヤ乱れてましたわw
なんかねえ、もう。
それにしてもいや、暑かった。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-21 23:52 | 京阪電車

阪堺161、6/19の貸切その2

日本路面電車同好会関西支部さんの貸切に参加させていただきましたその続きです。
今日は暑かったですねえ。毎年のことですが嫌な季節です。
e0070773_2254785.jpg

さて、車庫から出て向かう先は浜寺です。今回の貸切は回送で我孫子道から恵美須町、恵美須町から我孫子道、トイレ休憩(wの後浜寺駅前へ。浜寺駅前から我孫子道へ戻り再びトイレ休憩、恵美須町で解散、車両はそのまま回送で我孫子道へ、と言う行程でした。実際には乗降指定駅が設けられそこから沿線撮影に回るなど柔軟な参加が出来る配慮がありました。トイレ休憩の間に先行列車で先回りして撮影、と言うことも出来たのですがトイレ休憩が楽しくてつい長居をしてしまいましたので浜寺まで乗ることに。車内での馬鹿話も楽しかったのですが同好会有志の方の運転によるミゼットの住吉界隈や堺市内併走など沿線にいたかったなあと思うこともあり、その辺り、時間を把握して行動せんとあかんやろう自分、と言うことにまたしても(^^;
車内から眺めるミゼットもそれはそれでエエ感じだったのですけどね。
e0070773_21571326.jpg

ワイパー越しになってしまいましたが如何にも楽しそうに併走するお二人でした。
うまく並んで走る姿を収めた方も大勢いることでしょう。

浜寺からは堺市内限定出没中のカヲナシさんの添乗もありました。
e0070773_21584423.jpg

暑いのに大変でしたでしょ(^^;
結界からは出られないそうで大和川でお別れしましたが、ニス塗りの車内が妙に似合ってましたねー。またお会いできる機会ってあるのかな?
e0070773_22371.jpg

我孫子道で161を降りた後はようやく先行列車で沿線へ向かいます。

午前中のことが頭にあったので再度東玉出へ。
e0070773_2272866.jpg

感度の設定が・・・。ここまでSS上げなくてもねえ。まあ縮小すれば無問題?なので良しとしますか。
e0070773_2292469.jpg

回送もここで。結局この辺でしか撮ってませんなあ今日は。
e0070773_22102624.jpg


この後怒濤の打ち上げなんかもあって本当に楽しい一日でした。こういう機会を作っていただいて本当にありがとうございました。またの機会も誘ってくださいねー。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-21 22:14 | 阪堺電車

さっそく161を貸切!に参加させていただきました(^^

先週の借り主は誰やったんかなあ聞きそびれたなあ、はともかくですね。
今日は早起きです。(嘘
休みなんだけどまたしても天気悪いなあ、一応午後から晴れマークなんで出るつもりはあるんですが・・・。

復元された阪堺電軌のモ161なんですが、声を掛けていただいたので日本路面電車同好会関西支部さんの貸切に参加させていただきました。いつもお世話になってる皆さま、本当にありがとうございます。

さて、梅雨時ですので晴れ間は望めませんでしたがパン側も気にせず撮れるし、車内の雰囲気に浸るのも天気は気にならないのでそれは全然オッケイ。パラパラ来るか来ないか程度で済みましたし結局傘差しませんでしたしね。先週は思った以上に降られちゃいましたが。
天王寺方面は乗客も増えていて貸切も入れにくくなっているのか、先週に続いて阪堺線の方での貸切運転となりました。
165を借りられている先客の方々がおられて、いきなり来たので驚きましたわ(^^;
それが戻って来るだろうから出来れば並んでくれたらなあと回送を待ってる間皆さんと話していたら本当に来ました。
この辺り、撮影者の多いことは阪堺さんもご存じでしょうから気を利かせてくれたんでしょうか?
なんにしても初っぱなから嬉しいサプライズです。
e0070773_5221553.jpg

本当は変電所の側から撮るつもりで待っていたんですが天神ノ森辺りに165が戻ってくるのが見えて皆で移動。自分はしっかり戻りそびれましたw
e0070773_5241181.jpg

ちょいと広角気味になりましたがまあそれはそれでと言うことで。

あー、パン側順光撮りたいですねえ。

e0070773_5251595.jpg

一旦我孫子道へ。
大和川検車区ではお約束の形式撮影タイムです。
e0070773_528838.jpg

旧型の並びもいつか撮りたいですねー。
貸切の2両以外は一日動きませんから今日は
e0070773_5295150.jpg

こんな感じでしたわ。
こうしてみると本当にバラエティ豊かですよね。
e0070773_531592.jpg

この車内は落ち着きます。
自分にとってはニス塗りというと琴電の23や345もそうでしたがやはり嵐電のモボ111、121形や叡電のデナや京都市電と言った子供の頃からのおなじみさんが思い出されます。いや、実はデナは子供の頃はあまり知らないんですが。
この161は本当に徹底した復元っぷりでそれらに乗っているような錯覚を覚えさせてくれます。
おそらくはここまで綺麗だったことはないと思いますが(^^;
車内を見ても判るようにワンマン機器はしっかり残っています。そのうち定期運用にも就いてくれると嬉しいですね。出来ることなら白熱灯に復元してもらって夜中に乗ってみたいものです。
カバーがなかなか揃えられないだろうし大がかりな改造になっちゃいますから難しいとは思いますが・・・。
e0070773_5354669.jpg

車内の復元ですがペンキを剥がしてニスを塗り直し、金具類も塗装を落として地肌の輝きを見せてくれています。嵐電のレトロは旧型の部品を一部再利用していますがやはり内装もオリジナルなこちらは自然な感じです。床も板張りに。これはちょっと雰囲気が違いますが油を引いた床も見てみたかったですね。
e0070773_5362598.jpg

e0070773_545510.jpg

例の紐が真新しいです。
その先には・・・。
e0070773_5461595.jpg

おお、こうじゃなくっちゃ。
車内に通っている紐は乗客の降車の合図にも使われていたそうで、そう言う使い方をしていたのですね。自分は降車ブザーやチャイムしか知りませんからなるほどと感心しきり。
網棚と吊革の支持金具、これも凝ったデザインですがここにも紐を通す穴がありまして、そこを通していたんですね。
と書いたところでさすがに眠いので寝ますw
続きは今夜にでも~。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-21 05:53 | 阪堺電車

旧型車置き換えの頃のコトデンを顧みる

んー、正直あんまり覚えてないんですよね。どれがいつ廃車になったとか。行きたくても行けなかったさよなら運転なども本当に多かったですし。
この日の写真も余り記憶が鮮明とは言えないです。4年前の8月に行われた3000形315号のさよなら運転の記録です。
写真を見ると誰かの車に便乗させてもらったのは間違いないのですが。
最後の写真は皆でわいわいやりながら撮った覚えがあるのでかなり大勢のお知り合いとご一緒させてもらった訪問であったことは覚えています。こういった大人数でのコトデン詣でも本当に今は懐かしいものになってしまいました。いやー楽しかったなあほんと。その割にディテールが不鮮明というのはどうしたことかと。
何でこんな撮り方をしたんだという写真もあってその辺を思い出したくないのかもしれませんw
e0070773_235414.jpg

さて、一連の旧型車置き換えとしてはかなり末期の話になると思うのですが65なんかはこの後だったんでしたっけ?あれ、行けなかったしいつだったやら覚えとらんのですよねー。二日間の運転のうち一日だけになんとか行けた、と言う感じだったのかもしれません。
e0070773_23565143.jpg

写真からすると仏生山-築港-滝宮-仏生山、と言う行程だったようなのですが実際のとこ他のヤマもあったんだっけかなあ。
ほんとたった4年前だというのにこの記憶力のなさはいったいどうしたものでしょう。
e0070773_23591893.jpg

これは見たかったんですよねえ。本線単行での旧型の運転。
この時も結局は回送扱いで運転されたんでしたっけ。
e0070773_01265.jpg

最後はいつもの橋で締めました。

さよなら運転と言うことであと撃ち写真が多いのも自分なりにこだわった結果と言ったところでしょうか。
まあパン側にこだわった結果かもしれません。
e0070773_0172121.jpg

話の流れで見に行ったと思うんですが、空を見るとええ天気ですねえ。沿線で粘っても良かったような気がします。こういう空も最近見ていない気が。
ああ、100周年のマークが付いているうちに行きたいなあ。まだ付いてますよね?
カメラはK10D、レンズはFA35mmと、55mm、85mm、120mmなのですがこっちがちょっと判りません。
SMCP55mm F1.8とSMCP85mm F1.8、SMCM120mm F2.8だと思うのですが・・・。
このちょっと前に85mmを手に入れたようなのでその流れでこういう構成になったものと思われます。
にしてもちゃんと控えておけ自分。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-18 00:20 | コトデン

あてもなく近鉄京都線

今日は天気が回復するという話だったのでどこか出掛けるかなあと家を出たのが昼過ぎ。
朝のうち曇りなら嵐電×ヤマト運輸のあれを見に行こうかと思っていたのですがいったいいつになったら見に行けるのやらですねー。
おけいはんかなーとも思ったのですが久しく撮影していない近鉄でも見に行くかと思い立ちました。
京都市営地下鉄烏丸線の開業30周年HMが見たかったもので。
いやーもうそんなになるんですねえ。市電烏丸線の廃止から開業までも随分待たされた気がしましたがそれの5倍も経った計算になります。って合ってるかな?(^^;

天気の方は案の定というか気象庁は最近の天候の変化の仕方は過去数十年のものとは変わってしまっていることを考慮して予報してほしい気がしますがどうなんでしょう。まあ自分で天気図見て予報できるわけでもないので盲信するしかないのですが・・・。すっきり晴れることは実際まれになっちゃったし話半分くらいには考えるようにはなりましたね。
e0070773_0225525.jpg

で、例によってあんまり知らんのですよ近鉄京都線の撮影地。久津川まで行ってみましたがどうかなあこりゃ、で引き返して小倉と向島。ここも微妙なんですが。久津川では晴れれば光線真横に近かったんでそもそもなんでここに、とは思いました。
小椋池をぐるっと避けた線形だからどっかしらいけるはずだとは思うんですけどねー。
e0070773_0263628.jpg

VISTA EXってLEDだったのねえとかいかにもものを知らん感想を抱きつつそれでも前パンや幌付きの走る様を見てなかなか近鉄も楽しいなあとかこれまた今更なことを考えたりします。
それにしても30周年のHMは初期車には付けないのかな?見ませんでしたわ。
e0070773_028485.jpg

こいつは前パン副標付きでええですねえ。京都線ではあと撃ちしかパン側は無理なのが残念ですが。
e0070773_0311195.jpg

この顔も結構良いなあと思うのですが新しい(でもないか・・・)顔の前パン幌付きもええ感じでしたな。また来ましょ。

帰路、京都のヨドバシに初めて行ってみました。贅沢にフロアを使っているのはいいんですけど梅田のヨドバシよりカメラ関係は少な目ですかね?同じフロアの化粧品やらなにやらが少々場所を取りすぎてるような気もします。梅田でも大きなスペースを取っていますがフロアが違うから気にならんかったんですが。
で、客は梅田より少な目でゆっくり見て回れるのはありがたいんですが大丈夫かいな、とも正直思いました。まあたまたまそう言う時間帯だったのでしょう。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-15 00:39 | その他の大手私鉄関西

長電にも行きたいなー

2000系D車両編成の定期列車運用(6月分)について
梅雨時ですが動いてくれてるんですよねえ。明日なんかも動いたりしてますが自分も休みなんで行っても良いんですが、どうにもこうにも金欠です。
そう言やきたぐにでも長野着は翌朝結構早くにたどり着けるのに気付いてから訪問の機会がありません。あんなに新潟県と近かったんだなあ。広い長野県でも長野市は相当北に位置しているんですね。そう言うことも把握してなかった自分w
今週は平日も走ってくれるんですが実際に行けるとなると最終日辺りくらいかなあ。まーた日帰りとか往復夜行とかですが。
なんだかんだと言って定期を外れて以来、コンスタントに走ってくれているんですよねえ。発表が遅いのが本当に困ったことですが、月イチくらい連休をもらっておいた方がよいかもしれませんね。
その日に走ってくれるとは限らんですけど。
e0070773_2356354.jpg

以前アンケートで設問があったので開発はしているんだろうなとは思っていたペンタのGPSユニットO-GPS1が発表になりました。一般的な機能に加えまたしてもSRを駆使した星撮りの人には手軽に使える便利機能があったりしてやっぱりこの辺は面白いことを考えるメーカーやと思いました。
自分には一般的な機能の方だけで十分なんですが。
で、件のアンケートに幾らやったらこーてくれる?と言う設問がありまして、自分は1万くらいやったら欲しいかな?とか開発者が腰砕けになりそうな答えを書いた覚えがあります。。。
それでもその倍にもならない値段で出してくれるんですから有り難いことです。

これがあったら、何処で撮ったかわからん連れて行ってもらった先でただただ来た列車を撮るだけってな写真もこれでもかと言うくらいバッチリ撮った場所が判ると。
と考えると一つ持っておいても罰は当たらなさそうです。
e0070773_052224.jpg


んー、青森も何とかして行きたいんだけどこれこそ見込みが全く立ちゃしません。長野や高松の2回分じゃ済みませんからねえ。あービンボはいやじゃ。機材が旅費を圧迫しているのは間違いないんですがこっちはこっちでやめられない病気みたいなもんですし。
そもそもの可処分所得ってのがねえ。あー宝籤でも当たらんものか。そもそも買ってませんから当たりっこないですな。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-14 00:22 | 雑文

まつりの後のサプライズ

阪堺路面電車まつりの会場を後にして一旦帰路に就いたはずだったのですが雨にそぼ濡れた下町の雰囲気もええもんやなあとか、またぞろまっすぐ帰らない悪い癖が。てくてく切符もありますしねー。
とは言えそんなに居座るつもりもなく今船、北天下茶屋辺りで数本見たら帰ろうとしていたんです。吊り掛けの音が聞こえてもああ、運用差し替えて161のどれかが出てきたんかなあくらいに思ったんですわ。でかい音でしたしね。普通に撮ってりゃ嫌でも気が付くんですが踏切をサイドから、と言う構え方でしたので・・・。

で、これ。今日は本線には出ないで展示だけって言っていたような気がするんですけどねえ。
e0070773_2136173.jpg

いやー、もったいないことを。せっかく陰らずパンタ側を撮影できたのにー。
それにしても早速貸切った方がいるようですね。ついでに撮る機会をいただいたような形になって有り難いことです。

恵美須町からの返しを待ちます。
あと撃ちしかパン側は撮れませんけどね(´・ω・`)バックミラー畳めるんでいかにもあと撃ちを撮りましたという風になるのが残念なところ。
e0070773_2137589.jpg


e0070773_21392355.jpg

結局下がカツカツなんですが(´・ω・`)
さて、今度はパン側順光を狙いたいところですけどねー。まあ雨降りじゃない時に撮れるならとりあえずそれでいいんですが。
このあとはさすがにもう一往復とかはなかったかな?
e0070773_23272016.jpg

羽車ソース。
e0070773_21491095.jpg

なんだかんだとこんなの撮って遊んでて良かったわー。何が幸いするやらです。やれやれ。
[PR]
by umashikatei | 2011-06-13 21:51 | 阪堺電車