どうなるのかそろそろ気になりますね~

今回日帰りで訪問した長野電鉄ですが運用区間との兼ね合いからあまりあちこち撮り歩くと言うのは出来なかったんですけど、それでも見ておきたいと思ったのが沿線のリンゴの色づき具合と塗り直した小布施の電車の広場、そして須坂に長期留置中の2000系A編成なのです。
リンゴはやっぱりと言うか一番見たかった末端区間でのチェックを出来ませんでした。これはもう地元の方々のブログなどで情報収集に努めるしかないですねー。

で、A編成。
ひと夏過ごしそれなりに風雨に晒されどんな具合にヤレているか、ちょっと気になっていたのですが・・・。

e0070773_22105339.jpg

どうでしょう、やっぱり冬場に放置されないと本格的に荒れないんでしょうか。
OSカーも放置されている年月の割りに傷みは思ったほどではないですし。ただこちらは機器類もほったらかしですからパンタを上げたとたんとんでもないことになりそうです。
e0070773_2219114.jpg

先日の4月の訪問の際中野に疎開留置されて以来A編成もあまり動かしていないと思います。そもそも籍がどうなったとかも不勉強で知りませんしまだ自走できるのかどうか・・・。
いつまでもOSカーとつないだ状態でここに留置されっぱなしでもないでしょうし、場所柄ひと冬越すと随分傷んでくるものだと思います。
今後どうするつもりなのか、気になりますね。
e0070773_2220217.jpg

8500系についていた前掛け。なかなか目立つ色で目を引きます。
[PR]
by umashikatei | 2011-10-02 22:25 | 長野電鉄
<< 遅ればせながら、PENTAXの... 10月の長電D編成運行予定 >>