デジタルカメラとマウントアダプタ

こないだからあれこれ試しているのがキヤノン製の一眼レフデジカメに他社マウントのレンズをつけて遊ぶと言うもの。
先日のトリウムレンズはプラクチカマウント(M42マウント)でしたが今回はニコンFマウントの望遠レンズを付けてみました。
いずれも中古レンズです。欲しいものはほとんど新品で手に入らなくなっちゃいましたし。
とは言え何本も買っていたら高いLレンズも買えてしまうんじゃないかとふと我に帰ったりすることもなくもないんですが。。。
どんなレンズを持ってきてもアダプタかますわけだからマニュアルフォーカスだし、実絞りだしピント合わせるのしんどくなったからAFにしたはずなのにバカなことやってるなと自分でも思うんですが、結構楽しいんですよねえ。
今回はAi NIKKOR135mm/f2.8、最終型のAi-Sになるひとつ前のものです。
画像はいつもより大きめにしてみました。写真をクリックすると大きな画像をポップアップします。
トーンカーブ調整とリサイズしてjpg化。
e0070773_2339697.jpg

060221西向日-長岡天神
1/1250・f5.6 ISO250
f値は8だったかも。exifには絞りデータさすがに出ません。
D200とかD2Xだとその辺もばっちりなんですよねえ。フォーカスエイドも効くし。ニコンのそう言うところは律儀だなあと思います。キヤノンははるか昔に切って捨てましたからねMFレンズ・・・。
[PR]
by umashikatei | 2006-02-21 23:47 | 撮影機材(ニコンFマウント)
<< ふる~いレンズで遊んでみる、の続き 使ってみました >>